専用アダプターでUSB接続

アイ・オー、REGZAに対応した録画用カートリッジHDD「REC-iN」シリーズを発売

ファイル・ウェブ編集部
2010年03月10日
(株)アイ・オー・データ機器は、東芝の液晶テレビ“REGZA”シリーズのUSB HDD録画モデルに対応した、録画用HDD製品「REC-iN」シリーズを3月下旬に発売する。


RHDM-U500
「REC-iN」シリーズは2.5インチサイズのHDDを採用した、同社独自のカートリッジ規格。PC接続用のアダプターと500GBのHDDがセットになった「RHDM-U500」が16,170円(税込)、HDD単体「RHDM-500」が13,125円(税込)。

専用のアダプターを用いることで、PCとUSBで接続してポータブルHDDとして使えるほか、REGZAの録画用HDDとしても利用できる。電源はバスパワー駆動に対応する。

本機は同社独自のカートリッジ規格を採用しているが、一般的なiVDRスロットにも接続できる互換形状を備えている。同社では現在、他社のiVDR対応機器に「REC-iN」が使用できるよう、iVDRコンソーシアムに対して規格提案を行っているという。

【問い合わせ先】
インフォメーションディスク
TEL/03-3254-1076
新着記事を見る
  • ジャンルその他
  • ブランドI-O DATA
  • 型番RHDM-U500
  • 発売日2010年3月下旬
  • 価格¥16,170(税込)