ビクター、振動板と筐体に“木”を採用したインナーイヤホンを発売

2007年12月26日

HP-FX500

日本ビクター(株)は、世界で初めて“木”の振動板を採用した密閉型インナーイヤーヘッドホン「HP-FX500」を2月上旬より発売する。価格はオープンだが15,000円前後での販売が予想される。

本機は、振動板とハウジングに木材を使用したインナーイヤーヘッドホン。振動板は、独自の薄膜加工技術により、ドーム型に成型加工した“ウッドドーム振動板”を採用。“音の伝わりが速く、余分な振動も適度に吸収する”木の優れた音響特性を生かし、繊細な高音や豊かな低音を実現しているという。またユニットの背面には、比重の大きいブラスリングを加えた“ハイブリッド”構造を採用。ユニットの振動ロスを低減している。

本機の内部構造図

ユニットの背面には、比重の大きいブラスリングを加えた“ハイブリッド”構造を採用


“ウッドドーム振動板”を採用

新ドライバーユニットの開発経緯

ウッドドーム振動板の効果
ヘッドホンの筐体は“ウッドハウジング”を採用。ウッドドームユニットの特性を最大限に引き出すことで、自然な音の広がりや余韻などを臨場感豊かに再生するという。また、ハウジング内部には“制振ジェル”を内蔵。コードから伝わる振動を抑え、音質を劣化させるノイズの低減を実現している。

イヤーピースは、耳にぴったりフィットする「低反発イヤーピース」と、S/M/Lのサイズが選べる「シリコンイヤーピース」の2タイプを付属。本体コードは0.8mで、延長用の0.7mコードを付属している。

【問い合わせ先】
日本ビクター(株)
お客様ご相談センター
TEL/0120-2828-17(フリーダイヤル)
TEL/045-450-8950(携帯電話・PHSなどから)

(Phile-web編集部)
新着記事を見る
  • ブランドVICTOR
  • 型番HP-FX500
  • 発売日2008年2月上旬
  • 価格¥OPEN(予想実売価格15,000円前後)
【SPEC】●型式:ダイナミック型 ●再生周波数帯域:8Hz〜25,000Hz ●出力音圧レベル:100dB/1mW ●最大許容入力:200mW(IEC) ●コード:0.8m(Y型)CFC、 φ 3.5mm 24金メッキステレオミニプラグ付 ●質量(コード含まず):7.5g

関連記事