NHKとJAXA、世界初の月面ハイビジョン撮影に成功

2007年11月07日
NHKと宇宙航空研究開発機構(JAXA)は10月18日、月周回衛星「かぐや(SELENE)」から、ハイビジョンでの月面撮影を行ったと発表した。

「かぐや」は高度約100kmの月周回観測軌道を周回している。この位置からの月面のハイビジョン撮影は世界で初めて。撮影にはNHKが開発した、宇宙仕様のハイビジョンカメラが用いられたという。

撮影は10月31日と2回に分けて行われ、第1回目は「嵐の大洋」よりも北の位置から北極中心に向かって、第2回目は「嵐の大洋」の西側を南から北へ、それぞれ8分間を1分に縮めて収録した。「かぐや」で撮影した動画映像をJAXA臼田宇宙空間観測所で受信し、NHKでデータ処理を行った。

北極付近。北極に近く緯度が高いため、太陽光線の射し込む角度が低くなり、クレーター地形の影が長く映っている


「嵐の大洋」の西側。面右側の暗い部分が「海」(嵐の大洋)、左側の明るい部分が「高地」と呼ばれている部分て


同じく「嵐の大洋」の西側。画面中央手前に「レプソルト」と呼ばれる直径約107kmのクレーターが見える


ハイビジョンカメラ(HDTV)の外観

(Phile-web編集部)

関連記事