任天堂、ニンテンドーDS用ワンセグ受信カードを年内発売

2007年10月11日

2006年2月に発表した、DSでのワンセグ画面表示イメージ
任天堂(株)は、年内にニンテンドーDS用ワンセグ受信カードを発売する。

昨日同社は、「任天堂カンファレンス 2007.秋」を開催。同会場で岩田聡社長が発売時期について言及した。価格や仕様については明らかになっていない。

同社は2006年2月に、ニンテンドーDS用ワンセグ受信カードの開発を表明していた(関連ニュース)。その際、動作デモにはゲームボーイアドバンス用スロットに挿入する試作カードが用いられていたが、商品化の際にはDSカードの形状にすると説明していた。また、2006年2月段階では、上画面にテレビ画面を、下画面にはチャンネルボタンなどを表示。タッチペンで選局など各種操作が行える仕様となっていた。

2006年2月に発表した受信カードのイメージ図

DSにカードを挿入したところ。これも2006年2月段階のイメージ図

(Phile-web編集部)

関連リンク

関連記事