東芝、ワンセグの視聴・録画が可能なDAP「gigabeat V30T」を発売

2006年05月30日

「gigabeat V30T」
(株)東芝は、デジタルオーディオプレーヤー「gigabeat」の新シリーズとして、オーディオプレーヤーとして初めてワンセグに対応した「gigabeat V30T」(型番:MEV30T)を商品化し、6月下旬より発売する。価格はオープンだが49,800円前後での販売が予想される。

30GB HDD内蔵のデジタルオーディオプレーヤー。ワンセグチューナーを内蔵し、ワンセグの視聴と録画が行える。バッテリーはリチウムイオン充電池で、ワンセグ視聴時のバッテリー持続時間は約7時間。表示は3.5型のQVGA TFTカラー液晶ディスプレイで行う。ディスプレイの輝度は400cd/m2

ワンセグの録画も可能で、最大約130時間、100番組を保存できる。24時間先までの番組の予約録画も行える。

ディスプレイの脇には「ナビゲーションスティック」と呼ぶ操作ボタンを設け、画面を見ながらの操作性を高めた。ワンセグ視聴時によく使う機能を呼び出す「QUICKボタン」を設け、録画・予約録画・字幕設定などが簡単に行えるよう工夫している。

側面部

本体上部

本体底部

再生対応音声フォーマットはWMA、WMA 9 Lossless、MP3、WAV(PCM)。WMV動画、JPEG静止画の再生も可能。著作権保護技術「Windows Media DRM」にも対応し、音楽/映像配信サイトで購入した音楽/映像データも本機に転送して再生できる。

WMAやMP3などの圧縮音声を再生する際には、圧縮時にカットした高音域(約16kHz以上)を独自のアルゴリズムにより補完する音質改善テクノロジーである「H2Cテクノロジー」が利用できる。

本体のOSにはマイクロソフトの「Windows Mobile software for Portable Media Center」(PMC)を採用し、PC用OS「Windows XP Media Center Edition」(MCE)とほぼ同じGUIで操作が行える。また、PCからのデータ転送には「Windows Media Player 10」を用いる。

なお、本機の発表と同時に、gigabeatのCMキャラクターに歌手の木村カエラが起用されることも明らかにされた。

<編集部の視点>
ワンセグ対応デジタルオーディオプレーヤーがついに登場した。注目すべきは、ワンセグ視聴時のバッテリー持続時間が約7時間と長いこと。ワンセグ対応携帯電話では、ワンセグの視聴可能時間が2時間程度と短かったが、7時間もあれば大抵の用途に対応できるだろう。また、30GB HDDの大容量を活かし、130時間と長時間の録画が可能な点も嬉しい。家庭用レコーダーの代替として活用するユーザーも出てきそうだ。

【問い合わせ先】
(株)東芝
モバイルAVサポートセンター
TEL/0570-05-7000

(Phile-web編集部)
新着記事を見る
  • ブランドTOSHIBA
  • 型番MEV30T
  • 発売日2006年6月下旬
  • 価格¥OPEN(予想実売価格49,800円前後)
【SPEC】
●対応オーディオフォーマット:WMA、WMA 9 Lossless、MP3、WAV ●対応ビデオフォーマット:WMV ●対応静止画:JPEG ●記録媒体:1.8型 30GB HDD ●ディスプレイ:3.5型QVGA TFTカラー液晶 ●外形寸法:124W×75H×19.5Dmm ●質量:約230g

関連記事