〜HDMIケーブル スクランブルテスト2006〜 ストレートワイヤー「SDMI030」編

2006年05月15日
「HDMIケーブル スクランブルテスト2006」の第11回目は、ストレートワイヤー製HDMIケーブル「SDMI030」(3m)をレポート致します。

ストレートワイヤーは、アメリカ・ハリウッドに本拠を構えるハイエンドケーブルメーカーです。今回紹介するHDMIケーブルの他、ビデオケーブルやトーンアームセット、ラインケーブルなどがあります。特にカルテット(Quartet)やオクターブ(Octave)など、スピーカーケーブルのラインナップが豊富です。
SDMI Seriesは、黒いメッシュジャケットに覆われた強固なシースと、大柄なプラグ部分が特徴のHDMIケーブル。ケーブル内部の導線損傷はもちろん、外部からのノイズも保護してくれるたのもしいシースの外径は1cm以上もあります。それから、接続機器側のHDMI端子周辺にネジや別の端子(例えば、ピン端子やD端子)などが近接している場合、プラグ部分にそれらが当たってしまい、奥まで差し込めない場合があるので、購入前に接続する機材を確認しましょう。
メートルは、1m・2m・3m・5m・8m・10m・12m、計7種類をラインナップ。HDMI-DVIケーブルは、1.5m・3m・5m・8m・10m・12m・14m・16mが用意されています。(TEXT.AVREVIEW編集部)


STRAIGHT WIREのHDMIケーブル「SDMI Series」
●色艶の良さと豊潤な色味を与える、映画ファンにお薦めのHDMIケーブル

ケーブルに個性を持ち込むかどうかは受け取り方だが、このケーブルは特に個性的でもある。
こってりした表現力は魅力と言えば魅力。逆にそれが映画ソフトに相性が良くてもビデオソフト、特にハイビジョン系で好まれるかどうかは人それぞれだろう。どうして色がこってりするのか考えながら視聴したが、明るさよりも色が勝ることに原因を見つけた。このケーブルは明るさが下がるのではなく、色が濃くなるのだ。
SDソースではそれが顕著に表現され、DVDの映画ソフトなどこってりした表現でハリウッド系の映画が楽しくなる。それも赤味が強まる傾向のようだ。
HDソースではこの傾向は薄まるが、色艶の良さは特筆もので、ハイビジョン映画のあっさりした映像に艶やかな色彩が加わるのだ。映画ファンにはお薦めである。ただ、ノイズが少し大粒になる点が惜しまれる。
個性の際立ったケーブルだが、たとえそれを差し引いてもハイレベルな実力を持ったケーブルである。映画鑑賞用途に是非お薦めしたいケーブルだ。(TEXT.村瀬孝矢)


注:「月刊AVREVIEW 2006年3月号」掲載の記事(117p)を一部加筆・修正したものです。
新着記事を見る
  • ブランドSTRAIGHT WIRE
  • 型番SDMI030
  • 価格¥32,340(3m)
【SPEC】
●ラインナップ:¥24,570(1m)、¥28,560(2m)、¥32,340(3m)、¥39,900(5m)、¥51,240(8m)、¥58,800(10m)、¥66,360(12m) ●問い合わせ先:(株)アブサートロン TEL:0424-67-0541

関連記事