〜HDMIケーブル スクランブルテスト2006〜 日本航空電子工業「HDMI-HDMI」編

2006年04月20日
「HDMIケーブル スクランブルテスト2006」の第4回目は、日本航空電子工業製HDMIケーブル「HDMI-HDMI」(1.5m)をレポート致します。

日本航空電子工業(株)は、各種コネクターから航空・宇宙用電子機器まで開発・製造を行う総合エレクトロニクスメーカーです。今回紹介している製品は(民生用DVDプレーヤーとして)世界で始めてHDMI端子を搭載したパイオニアの「DV-S969AVi-N」(2003年12月発売)とほぼ同時に登場した初期のケーブルで、メートル幅には1.5mと5mの2種類があります。HDMIケーブルの他にHDMI-DVI変換ケーブル(同様に1.5mと5mの2種類)も用意されています。価格もリーズナブルで取り回しも容易な使いやすい製品ですが、FAX・インターネット(詳しくは下にある関連リンク参照)のみの販売のため店頭では購入できませんのでご注意を。(TEXT.AVREVIEW編集部)


HDMI-HDMIケーブル
●明るさと色バランスに優れた性能 HDMI黎明期に誕生したHDMIケーブル

DVDプレーヤーとして世界で初めてHDMI端子を搭載したパイオニア機DV-S969AViとほぼ同時期に誕生した黎明期のケーブルだ。まだ日の浅いHDMIケーブルの普及を牽引してきたともいえる。
細身な仕上がりだが、その画質は申し分ない。とにかくバランスが非常に良いのだ。SDソースはロスも少なく、明るさが下がることもない。したがって明るさと色バランスが優れている。ただ微小な信号の再現性はあと一息といった感じが残る。
HDソースはしっかりしたコントラストと情報量にも長け不満は少ない。エッジや大画面部に表れるノイズなども少なく好ましい。ただ、上級レベルのケーブルと比較すると何か物足りなさが残るのも事実。
総合的には勤勉な優等生と言った感じで、C/Pにも優れるケーブルだが、あと一息の魅力が欲しい。初期のタイプと最新のケーブルを比較するのも酷な話だが、ダイナミックさ、立体感、それに光の艶を引き出せば楽しみなケーブルになるはずだ。(TEXT.村瀬孝矢)


注:「月刊AVREVIEW 2006年3月号」掲載の記事(114p)を一部加筆・修正したものです。
新着記事を見る
  • ブランド日本航空電子工業
  • 型番HDMI-HDMI
  • 価格¥5,250(1.5m)
【SPEC】
●ラインナップ:¥5,250(1.5m)、¥9,450(5m) ●商品に関する問い合わせ先:パイオニア(株) TEL:0070-800-8181-22 ●購入に関する問い合わせ先:(株)エスモック パイオニア HDMIケーブル購入受付センター TEL:03-3238-7800

関連記事