ソニー、モニター用ヘッドホンの技術を取り入れたカナル型イヤホンを発売

2006年04月03日

MDR-EX90SL

大口径を実現する独自形状を採用
ソニーは、プロ用のスタジオモニター用ヘッドホン「MDR-CD900ST」の開発過程で培ったという音響調整技術を取り入れたカナル型イヤホン「MDR-EX90SL」を5月10日より発売する。価格は12,390円(税込)。

本製品は、筐体の形状を工夫することで、密閉型インナーイヤホンの耳穴にいれるという性質上難しかった大口径(13.5mm)ドライバーユニットの採用を実現。これにより、5〜25,000Hzという広いダイナミックレンジを実現した。

また、フロントガスケットとリアガスケットを採用し、ドライバーユニットまわりを徹底的に密閉。超音波溶着により部品を接合することで、筐体を一体化している。さらに、6種類の音響調整部品を投入することで、モニター用ヘッドホンとして理想的な臨場感のある低音再生とフラットな音響特性を実現しているという。


分解イメージ図(赤字が音響調整部品)
さらに本製品は、イヤーピースの角度を人の外耳道に合わせる独自の形状の工夫を施し、快適かつ安定した装着感を実現。また、付属のシリコン製イヤーピースは3種類の大きさを用意している。

製造工程では、さらに、プロ用のスタジオモニターに近い理想的な音の特性を得るために、1台1台手作業による音響抵抗素材の調整を実施。厳しい音質管理をクリアしたものだけを出荷するという。

【問い合わせ先】
ソニーマーケティング(株)
お客様ご相談センター
TEL/0570-00-3311(ナビダイヤル)
TEL/03-5448-3311(携帯電話・PHSの場合)

(Phile-web編集部)
新着記事を見る
  • ブランドSONY
  • 型番MDR-EX90SL
  • 発売日2006年5月10日
  • 価格12,390円(税込)
【SPEC】●型式:密閉ダイナミック型 ●ドライバーユニット:口径13.5mm、ドーム型(CCAW採用) ●最大入力:200mW(IEC) ●インピーダンス:16Ω(1kHzにて) ●音圧感度:106dB/mW ●再生周波数帯域:5〜25,000Hz ●コード:約0.5mOFCリッツ線(ネックチェーン) ●プラグ:金メッキステレオミニプラグ ●質量:約7g(コード含まず)

関連記事