Follow us

インタビュー

HOME > インタビュー > 記事

2019年12月28日
なぜダイナミックドライバー1基にこだわるのか?

DITA Audio代表、ダニー氏直撃インタビュー! 超弩級イヤホン「Dream XLS」の真価に迫る

プレミアムヘッドホンガイド編集部
このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

前のページ 1 2 次のページ

プレミアムイヤホン市場で絶大な存在感を放つ、シンガポール生まれのブランド「DITA(ディータ)」。オーディオイベントのために来日した創立者のダニー(DANNY TAN)さんに、ものづくりの哲学や、最新フラグシップ「Dream XLS」の魅力についてお話を伺った。


インタビュー取材にご協力いただいた、DITA Audioのみなさん。左からKENNETH KOH氏、DANNY TAN氏、ASHER YEO氏
DITA(ディータ)はなぜ、
ダイナミック型ドライバー1基にこだわるのか?


ーー ダニーさんのオーディオの原体験はどんなところにあったのでしょうか?

オーディオの虜になるきっかけは、コレクターでもあった祖父の倉庫にあったんです。年末の大掃除があると、15歳くらいのときは必ず、友人と一緒にそれをお手伝いしていたんですが、そこでいろんなガジェットを集めてきて、それを修理したり、リメイクしたりして遊んでいたんです。

なかには当時5,000USドルはするようなハイエンドオーディオもあって、こんな贅沢なものをバラして改造していじることができるなんで、いま思えば特別な環境でした(笑)。当時はインターネットなんて、それほど発展していませんでしたから、読めない日本の雑誌も買いあさって情報を集めて、いい音を求めて、本当にカットアンドトライの繰り返し。それでドンドンとオーディオの世界にハマっていきました。

ーー 実際にイヤホンを手がけるようになったのは、いつ、どのような背景からだったのでしょうか?

大学に進学したときに、iPhoneが登場して、これからのオーディオは、イヤホンの時代になることを確信しました。初期のスマートフォンの付属イヤホンは、どれも音がチープでした。でも、ShureやWestone、ETYMOTICのイヤーモニターにしたら、まるで世界が変わる。とてもいい。でも、昔、祖父の家で体感したようなハイエンドのHiFiの音とはちょっと違うなと、私は思いました。それなら、自分たちで音質のいいイヤホンを作ってしまおうと決意して、2011年には会社を興して開発をスタートしました。スピーカーやドライバーの仕組みの基本は理解できていましたし、20年来のパートナーのひとりであるデスモンド(DESMOND TAN)はケーブルの専門知識も持っていたので、他にないこだわりのイヤホンが生み出せると確信していました。

ーー ダイナミック型ドライバー1基という構成は、その当時からコンセプトにあったのでしょうか?

私が本当に素晴らしいと思える、超ド級のハイエンドスピーカーをたくさん聴いてきて気がついたシンプルな事実は、どれもダイナミック型ドライバーを使っているということでした。HiFiサウンドを目指すうえで、このダイナミック型ドライバーの質を追求することこそが、オーディオブランドとして最優先で取り組むべきことだと考えました。

マルチウェイのバランスド・アーマチュア型ドライバーに比べると、シングル構成のダイナミック型ドライバーの方がよりナチュラルな音色が得やすいとも感じていました。複雑にネットワークを構成したりすると、ケーブルの本数や接点も多くなる。これもオーディオ的には少ない方が有利だと考えています。

ーー コネクターにMMCXではなく2Pinを使っているのも、そのあたりに理由がありそうですね。

はい、本当は接点がより少ないという意味では、リケーブルができない仕様がベストだと思っています。とはいえオーディオファンとしては、絶対にケーブル交換はしたいでしょう(笑)? 現在は、より接点が安定していて、それなりに汎用性もあって、音質面でも優位性がある2Pinを選択しています。

ーー ダニーさんはデザイナーでもあると伺いました。普段、どんなものからデザインの着想を得ているんですか?

「Answer」や「Truth」を覚えていますか? どれもまるい円をアイコニックにあしらっているのですが、あれはシンガポールの硬貨から着想を得ているんです。昔、ポケベルが流行った時期があって、あれが町中で鳴り出すのがうるさくて、ご年配の方々のなかには、遮音性を高めて自分の世界に集中するために、コインを耳穴に入れて耳栓がわりにされる方もいたんですよ(笑)。

ーー それ、本当ですか?(笑)

はい(笑)。いつも「もっとよくしたい」と考えていると、身近なものからフッとインスピレーションが得られるものです。AnswerやTruthの試作品は、音質的には完成していたんですが、デザインがまったく違う形状(編集注:finalのEシリーズのような銃弾型だった)で、しっくり来ていなかったんです。それで、量産の前にこのストーリーが浮かんで、イチから作り直しました(笑)。

心臓部となるドライバーや、内部のチャンバーの容積やエアーフローなど、アコースティック的な部分は、もちろん引き継ぎながらですけど。

ーー 音質がよいだけではダメだ、と。本当に妥協がなくて、エンジニアチームの皆さんは大変そうですね(笑)。

そんなダニーさんの渾身作となる最新フラグシップがDITA「Dream XLS」。価格はオープンで実勢¥278,000前後という超弩級イヤホンだ!

次ページからは、Dream XLSの詳細に迫ります!

前のページ 1 2 次のページ

関連リンク

関連記事

クローズアップ

アクセスランキング

2/25 10:16 更新
1
ソニー、5G対応最上位スマホ「Xperia 1 II」。3.5mm端子復活、ZEISSレンズなどカメラも強化
2
マスクをしていてもiPhone「Face ID」ロック解除が可能に
3
中級機なのに“ハイエンド級” サウンド。マランツ「SA-12OSE/PM-12OSE」が遂げた大いなる飛躍
4
ノイキャンイヤホンの「効き」を決める、見逃されがちなポイントとは?
5
1万円以下でこの機能、この音質!完全ワイヤレスの注目モデル M-SOUNDS「MS-TW21」登場
6
マスク装着しながら「Face ID」ロック解除、どうすればできるようになる?
7
NHKのネット配信「NHKプラス」をいち早く体験。スマホで快適視聴、追加料金不要
8
<オーディオフェスタ・イン・名古屋>アキュフェーズ新フォノEQ「C-47」世界初披露。トライオードのアンプ比較試聴も
9
iPhone 11なら1度に2本の動画が撮れる!「DoubleTake」アプリが面白い
10
ジブリ楽曲がサブスク解禁。「ナウシカ」「ラピュタ」など主題歌からサントラまで約800曲、全38作品