【特別企画】ミュージックバードスタッフが10月の聴きどころを紹介

ヴィンテージ蓄音機と竹針でSPレコードを楽しむ!オーディオファン要注目の新番組が「ミュージックバード」に登場

2019年09月25日
オーディオファンに向けたマニアックな番組を多数オンエアしている音楽サービス「MUSIC BIRD(ミュージックバード)」。同局では、ヴィンテージ蓄音機と竹針再生の組合せでSPレコードを楽しむ新番組が10月よりスタートする。新番組を始めとする10月の聴きどころを同社スタッフが紹介してくれた。





<スタッフより>

【10月新番組】
音の翼に〜SP時代の名演奏家たち

THE AUDIO(124ch)
★10月2日スタート
隔週水曜9:00〜10:00
再放送=水曜20:00〜21:00(翌週リピート)


<ヴィンテージ蓄音機でSPの色あせない魅力を>

ヴィンテージ蓄音機と竹針再生の組合せで、アコースティックな究極世界を体験。時代を超えた名演が甦えります。出演は、湘南SPレコード愛好会会長・相原直樹。

「SPレコードの時代には個性豊かな演奏家たちがたくさんいました。彼らにしか出せない音が刻まれたSPレコードを蓄音機で聴くのは、いつもスリリングで心ときめくものです。音楽だけでなく、その時代の空気、あるいは空間までも感じられ、体全体がそれらにすっぽりと包みこまれたような気持ちになり、じわじわと感動がこみ上げてくるのです。

特に竹針で聴く声楽と弦楽器の響きは最高です。再生がうまくいくと、蓄音機の存在を忘れ、目前に等身大の演奏家が現われ、まるで自分のためだけに演奏してくれているかのような錯覚を抱くことすらあります。

この番組では、実際にスタジオへ蓄音機を持ち込み、竹針で再生します。クラシックを中心にSP時代を彩った世紀の巨匠たちと共演する気持ちで臨みます。果たして皆様のお気に召していただけますでしょうか…」(相原)

10月2日/イヴォンヌ・キュルティ〜心ときめくポルタメント全開の謎多き女流ヴァイオリニスト
10月16日/ライオネル・ターティス〜ヴィオラを独奏楽器として世に定着させた巨匠の熱演
10月30日/キャスリーン・フェリア〜深く心に響く不世出のコントラルト歌手
11月13日/フリッツ・クライスラー〜時を超えて愛され続ける真の芸術家


真空管アンプ一本勝負!
THE AUDIO(124ch)
隔週金曜9:00〜12:00
再放送=金曜20:00〜23:00(翌週リピート)

真空管アンプに関わる音作りやチューニング、また注目の真空管機器について徹底研究するワンテーマ型の一時間番組。出演は、真空管アンプメーカー「サンバレー」の大橋慎。

10月4日・18日/公開録音「OTOTEN2019」スペシャル!

今年6月有楽町国際フォーラムで開催されたOTOTEN2019では2日間にわたり公開録音を行った「真空管アンプ1本勝負」。豪華ゲストを迎えて音楽とオーディオの話題で盛り上がったその模様をお送りします。

4日は「ワーナー・ミュージック・マスタリング/ミキサーズ・ラボ 衝撃のマスタリング・サウンドを聴く」と題して、マスタリング・エンジニア菊池功さん、カッティング・エンジニア北村勝敏さんを迎えて。

また18日は「OTOTEN公式音源“音のリファレンスシリーズII”の制作秘話・美しい低音とは?」。ゲストは、オーディオ・アクティビスト/音楽家/エンジニアとして活躍中の生形三郎さん、ピアニスト三宅由利子さん、株式会社ノモスの渋谷ゆう子さん。[再放送=11日・25日]


すみません、お宅のオーディオ、ナマ録させてください。
THE AUDIO(124ch)
隔週日曜9:00〜10:00
再放送=日曜20:00〜21:00 (翌週リピート)

マイクと機材を背負い「音の在る場所」へ!人気ライター田中伊佐資がマニア宅を訪問、「音」に賭けたマニアの生き様をお届けします。(録音にはハンディ・レコーダーZOOM H5を使用)

10月6日/駅徒歩2分の音楽アジト、宇都宮「popfreak」

餃子店の行列を横目に歩くと宇都宮の駅前に目を疑うような音楽名所があった!「popfreak」は音楽好きたちが集う通称”アジト”、毎週2回、ユニークなテーマでレコード・イベントが行われています。「ヨットロック三昧」「ニック・ロウ祭り」「マリア・カラス」「ロンドン・ニューウェーブ」「達郎さん大好き」「高音質で何をかけてもいいナイト」などなど。かなりのマニアという噂のpopfreak主宰者・丸山仁史さんから音楽とオーディオ、そして美味しい餃子のごちそうにあずかりました。[再放送=13日]

10月20日/シェルリード専門工房「KSリマスタ」秘密の作業場をみせてもらう

池袋徒歩15分のマンションにシェル・リード専門工房「KSリマスタ」の柄沢伸吾さんを訪ねます。シェルリード?あんなので音が変わるのか? ……昔はあまり重要視されていなかったシェルリードですが、線材やハンダ次第で衝撃的に音が変わることが分かってきました。そんなシェルリードの重要さに気づかせてくれたのがKSリマスタでもあります。柄沢氏はあの細く、小さいものをドんな風に加工するのか、秘密の作業場をみせてもらいました。[再放送=27日]

【番組や加入方法についての問い合わせ先】
ミュージックバード カスタマーセンター
TEL/03-3221-9000

(特別企画 協力:ミュージックバード)



関連記事