【特別企画】ミュージックバード注目番組紹介

ジャズファン必聴! 音楽サービス「ミュージックバード」に新番組。8月の聴きどころはココ!

2019年07月31日
音質にこだわるオーディオファンをターゲットにした番組を多数オンエアしている音楽サービス「MUSIC BIRD(ミュージックバード)」。8月からはハイレゾ・ジャズ・アルバムを2時間ノンストップで放送する新番組をスタートさせるという。新番組を始めとする8月のの聴きどころを同社スタッフが紹介してくれた。





<スタッフより>


【8月新番組】
新着!ハイレゾ・ジャズ

THE JAZZ(122ch)
★8月2日スタート
(金)18:00〜20:00
再放送=(日)16:00〜18:00

最新のジャズを最高にいい音で!

e-onkyo musicで配信が始まったばかりのハイレゾ・ジャズ・アルバムを2時間ノンストップでお送りします。

8月の放送アルバムは、「Saturday」新澤健一郎、「Immigrance」Snarky Puppy、「Brel-Ces gens-la」Various Artist、「SING&PLAYS」市原ひかり、「Epistrophy」Bill Frisell、「HORIZON」T-SQUARE、「10」Helge Lien Trio、「Begin Again」Norah Jones。

真空管アンプ一本勝負!
THE AUDIO(124ch)
隔週金曜9:00〜12:00
再放送=金曜20:00〜23:00 (翌週リピート)

真空管アンプに関わる音作りやチューニング、また注目の真空管機器について徹底研究するワンテーマ型の一時間番組。出演は、真空管アンプメーカー「サンバレー」の大橋慎。

8月9日/多極管プッシュプル「SV-8800SE」一本勝負

現行スピーカーとのマッチングを考えた時に決して忘れてはならない多極管プッシュプルの雄「SV-8800SE」を、各種出力管で聴く企画。かつてシングルアンプに求められたスピーカーの要件は能率88dB以上、フルレンジか25cm以下の2ウェイ。

この原則に合致しないスピーカーがむしろ主流になってきている。低インピーダンス、低能率によって変換効率よりも特性を重視する現代オーディオのフィロソフィーに真空管アンプはどう対峙するか?「駆動力があり、現行スピーカーのリニアリティを損なわずに真空管アンプならではの良さを失わないこと」…これが大事![再放送=16日]

8月23日/オーディオ誌編集長と激論 一本勝負

人気オーディオ誌「Stereo」の編集長・吉野俊介さんにスタジオにおこしいただき招き、オーディオ雑誌の現在、過去、未来を一緒に考えます。いつものこの番組では絶対かからない「外した選曲」と、吉野さん持ち込みのスペシャル・カートリッジは要チェック![再放送=30日]

オーディオ実験工房
THE AUDIO(124ch)
隔週月曜9:00〜10:00
再放送=月曜20:00〜21:00 (翌週リピート)

オーディオ・ライター炭山アキラと、「オーディオみじんこ」こと荒川敬が、普通のオーディオ・ファンにはとてもできない実験にスタジオでチャレンジ。

8月12日/Fidelixのアナログ新製品特集

アナログ全盛時代の懐かしい製品が現代に復活!MCカートリッジの出力をMMカートリッジ並みに昇圧するMCヘッドアンプ、そしてレコードの外周にひっかけて反りを矯正するアウター・スタビライザーです。発売したのは創業当初からイノヴェイティブな製品を送り出してきたFidelix、待望久しきこのヘッドアンプ、そしてアウター・スタビライザーの実力を検証します。

8月26日/カートリッジ・ブランド chuden特集  

最近、雑誌やイベントで見かけることが増えてきたカートリッジ・ブランド「chuden」を紹介します。株式会社中電は1996年に設立した群馬県の会社。これまで国内外にカートリッジをOEM提供してきましたが、近年自社ブランドchudenを立ちあげました。今回は発売中の3種類のMMカートリッジ(丸針・楕円針・サファイア針)を聴き比べたほか、ディスク・クリーナー(販売中)スタイラス・クリーナー(開発中)の効果を検証。

【番組や加入方法についての問い合わせ先】
ミュージックバード カスタマーセンター
TEL/03-3221-9000

(特別企画 協力:ミュージックバード)



関連記事