【特別企画】5月の放送内容を同社スタッフが解説

生録/真空管/ジャズ名盤…オーディオマニアを狙い撃つ音楽サービス「ミュージックバード」の聴きどころは?

2019年04月25日
オーディオマニアを狙い撃つかのように内容を特化させた専門チャンネルを持つ音楽サービスがある。TOKYO FMグループの「MUSIC BIRD(ミュージックバード)」だ。一般的なテレビやラジオより高音質な24bit放送を行うなど、音質面にもこだわっているのが同サービスの特長でもある。

そんなミュージックバードのオーディオマニア向けチャンネル「THE AUDIO」で4月から始まった新番組は早くも好評を集めているという。新番組を始めとした5月の聴きどころを、同社スタッフが紹介してくれた。





<スタッフより>

すみません、お宅のオーディオ、ナマ録させてください。
隔週日曜9:00〜10:00
再放送=日曜20:00〜21:00 (翌週リピート)


マイクと機材を背負い「音の在る場所」へ! 人気ライター田中伊佐資がマニア宅を訪問、「音」に賭けたマニアの生き様をお届けします。(録音にはハンディ・レコーダーZOOM H5を使用)

5月5日/神楽坂の家具工房「アクロージュファニチャー」

「無垢のスピーカー作れませんか」と声をかけられたことから始まった、無垢家具職人のオーディオへの挑戦。新宿区神楽坂の家具工房「アクロージュファニチャー」を営む岸邦明さんを訪ねました。「無垢材」へのこだわりは見た目だけでなく機能面、そして音にも活かされています。エイジングとともに日々変化していく無垢材の音をお楽しみください。[再放送=12日]

5月19日/ナカミチの夢の館

都内の通称「ナカミチ館」を訪ねました。飛松保寿さんの8畳のオーディオ・ルームはスピーカー以外すべてナカミチ製品で構成。所有する製品はカセットデッキ57台、チューナー5台、CD/DVD23台、プリメインアンプ17台、セパレートアンプ12台、その他7台のナント合計121台! 学生時代の夢が実現したその部屋に、国産ハイエンド・ブランドの夢の音を聴きにいきました。[再放送=26日]


真空管アンプ一本勝負!
隔週金曜9:00〜12:00
再放送=金曜20:00〜23:00 (翌週リピート)


真空管アンプに関わる音作りやチューニング、また注目の真空管機器について徹底研究するワンテーマ型の一時間番組。出演は、真空管アンプメーカー「サンバレー」の大橋慎。

5月3日・17日/初心者のための真空管アンプ一本勝負!

今回は「初心者のための真空管アンプ入門講座」でもあり、マニアのための「いまさら聞けない真空管アンプ講座」でもあります。真空管アンプを楽しむキモのキモを何回かに分けてリスナーの皆さんに実際音を聴いて楽しんで頂きながら真空管アンプへの理解を深めて頂こうと思っています。

3日は、「シングルアンプ一本勝負!(多極管&三極管)」。サンバレーの代表的シングルアンプ、SV-S1616D/KT88,S1616D/300B、SV-91Bをスタジオに持ち込んで順に聴いていきます。また17日は、プッシュプル・アンプ編。プッシュプル・アンプの魅力やその使いこなし、求められるTPOなど、これから真空管アンプを始めたい方が「気になる」、ベテランの方にとっては「今さら聞けない」ポイントを、サンバレーの人気プッシュプルアンプを聴きながら解説します。[再放送=10日・24日]


ジャズSPタイム
隔週土曜10:00〜11:00
再放送=土曜21:00〜22:00 (翌週リピート)


19世紀末に生まれたジャズ、最初の録音はSPでした。100年の歴史を数えるジャズ録音の草創期をSPレコードで楽しみます。出演は蒐集歴40年以上のSPレコード・コレクター、瀬谷徹。

5月4日・18日/キング・オブ・スイング〜初期のベニー・グッドマン

第3回、第4回の放送では「キング・オブ・スイング」と言われたベニー・グッドマン初期の演奏をお届けします。

第3回はグッドマンが17歳で参加したベン・ポラック楽団からスタート、1928年の初リーダー録音を紹介後、レッド・ニコルス、テッド・ルイスなどの有名バンドに参加した録音を聴いていただきます。

第4回は1933年の自楽団からスタート、ビリー・ホリディの初録音やミルドレッド・ベイリーの唄も紹介します。最後はビリーとテディ・ウィルソンのブランズウィック・セッションです。そしてオマケとしてカーネギーホール・コンサートも !![再放送=11日・25日]


オーディオ実験工房
隔週(月)9:00〜10:00
再=(月)20:00〜21:00 (翌週リピート)


オーディオ・ライター炭山アキラと、「オーディオみじんこ」こと荒川敬が、普通のオーディオ・ファンにはとてもできない実験にスタジオでチャレンジ。

5月6日・20日・6月3日/天才職人 柄沢伸吾のシェル・リード・マジック!

「シェル・リード」とはレコード・カートリッジとシェルをつなぐ4本の線。このシェル・リード作りに人生を賭けるシェル・リード職人がいます。

柄沢伸吾さん(KSリマスタ)は線材やハンダどころか、リード線を「削る」「磨く」「拭く」道具にもこだわり、磨きだけで数日かかることも。日夜最高のリード線作りに励む柄沢さんの長年の研究の集大成を3回連続でご紹介します。[再放送=5月13日・27日・6月10日]


【番組や加入方法についての問い合わせ先】
ミュージックバード カスタマーセンター
TEL/03-3221-9000

(特別企画 協力:ミュージックバード)



関連記事