【特別企画】各chが新タイムテーブルに

音楽専門ラジオ「ミュージックバード」、ジャズやクラシックで大型新番組。ハイレゾ新譜のレギュラー番組も

  • Twitter
  • FaceBook
2016年03月28日
音楽専門の衛星デジタルラジオ「MUSICBIRD(ミュージックバード)」。4月からはジャズ、クラシック、そしてオーディオファン向けの「THE AUDIO」など各チャンネルで様々な新番組がスタート。「THE AUDIO」ではe-onkyo musicとのコラボでハイレゾをテーマにした番組も用意される。各番組の特徴や詳細をミュージックバード関係者が解説してくれた。


<スタッフより>

■■■122ch:THE JAZZ■■■


【プロデューサー通信】

この春、THE JAZZが変わります。四谷のジャズ喫茶『いーぐる』とのプロジェクト「ジャズ喫茶の1000枚」、ジャズ100年の歩みを名演と旅する「ジャズ100年の名曲名演500時間」、ジャズ・ジャイアンツ大型プログラム「The Giants モダン・ジャズの巨人たち」など、合計週23時間にわたるプログラムが新たに登場。

その他、朝にボーカル、深夜にジャズ・オーケストラのゾーンを新設、日中と深夜は定番のモダン・ジャズをたっぷりとお楽しみいただける新しいタイムテーブルといたしました。

ミュージックバードではこれまで以上に、皆様のリスニングルームに最良の音楽コンテンツをお届けしてまいります。「ジャズ喫茶の1000枚」ではリクエストも受付中。その他のご意見やご要望もjazz@musicbird.co.jpまで。お待ちしております!



◇【4月新番組】「ジャズ喫茶の1000枚」
3月28日スタート!(月〜金)9:00〜11:00 再放送=(月〜金)20:00〜22:00

〜あなたの部屋がジャズ喫茶に!〜
四谷の老舗ジャズ喫茶『いーぐる』店主・後藤雅洋氏が著書『一生モノのジャズ名盤500』『厳選500ジャズ喫茶の名盤』(小学館新書)に紹介されたアルバム1000枚を紹介。丁寧な解説付きでジャズ初心者や再入門者にも最適!

◇【4月新番組】「ジャズ100年の名曲名演500時間」
4月2日スタート!(土)8:00〜13:00 再放送=(日)3:00〜8:00

レコード誕生から100年の時間旅行〜1917年に生まれた1枚のジャズ・レコード。そこから100年の歳月をさまざまな切り口で旅していくジャズの名曲名演物語です。出演はプロデューサーの行方均。

◇【4月新番組】「The Giants モダン・ジャズの巨人たち」
3月28日スタート (月〜木)15:00〜17:00 再放送=(土)16:00〜24:00

〜ジャズ・ジャイアンツ特集の決定盤!〜
ジャズ評論家・杉田宏樹が年間50をこえるジャズ・ジャイアンツを特集。

 3月28日〜31日・4月4日〜7日/マイルス・デイヴィス(tp)特集
 4月11日〜14日/ビル・エヴァンス(p)特集
 4月18日〜21日/スタン・ゲッツ(ts)特集
 4月25日〜28日/ウェス・モンゴメリー(g)特集


◇【4月新番組】「Mood Swing」
3月28日スタート!(月〜日)0:00〜2:00

ゴージャスな大都会の夜をあなたに。選曲は「Jazz In Applause」でおなじみのジャズ・プロデューサー小針俊郎。

◇【4月新番組】「Everyday Jazz Vocal」
3月28日スタート!(月〜金)2:00〜6:00、(土)2:00〜3:00

真夜中は、温かなヴォーカルに包まれて―――。選曲・監修は、EMI〜ユニバーサルにて『ジャズを聴きたくて』など数千枚のリリースを担当してきた津下佳子。


■■■124ch:THE AUDIO■■■


【プロデューサー通信】

日本初のオーディオ・ファイル向けチャンネルTHE AUDIO、2年目を迎えて新たな仲間が加わりました。オーディオ評論家・小原由夫さんの「レコーディング・エンジニア列伝」、大阪のカリスマ・オーディオ社長が出演する「逸品館清原裕介のオーディオ・ガイド〜音楽を10倍楽しむ方法」、e-onkyo musicの新着音源を紹介する「ハイレゾ新譜」。この3番組が新たに登場、”自宅で視聴室”のノリをさらに皆様に楽しんでいただけるものと確信しています。

4/30には特番も。行方洋一さんが全国で収集した蒸気機関車のお宝サウンドを一挙に大放出です。また、4/2(土)にはディスクユニオンJazzTOKYOで「あの頃をプレイバック!温故知新オーディオ歴史館」の公開録音も急遽決定!近くホームページにアップしますので、是非お越しくださいね。

◇【4月新番組】「『逸品館』清原裕介のオーディオ・ガイド〜音楽を10倍楽しむ方法〜」
3月29日スタート !隔週火曜9:00〜10:00 再放送=火曜20:00〜21:00(※翌週リピート)

〜大阪発・安くて旨いオーディオ!カリスマ社長によるオーディオ指南〜
大阪の人気オーディオ・ショップ『逸品館』社長・清原裕介が、ユーザー目線で機器の選び方、オーディオの楽しみ方をご案内します。

3月29日・4月12日・26日/TAD 新旧製品聴き比べ
第1回はパイオニアの名門ブランド「エクスクルーシヴ」を継承し、さらなる高みを目指すハイエンド・ブランド「TAD」の特集。

◇【4月新番組】「レコーディング・エンジニア列伝」
4月2日スタート! 隔週土曜9:00〜10:00 再放送=土曜20:00〜21:00(※翌週リピート)

いい音は「エンジニア」で聴け!オーディオ評論家・小原由夫がすすめるロック/ポップス/ジャズの新しい楽しみ方「エンジニア聴き」。この番組では音にこだわったレコーディング・エンジニアを紹介。職人たちのスゴ音が登場します!

4月2日・16日/”ギター録音の匠”ダグ・エプスタイン特集
初回の放送は、ニューヨークのスタジオ「メディアサウンド」で80年代から90年代に活躍し、とりわけギタリストに絶大の信頼を受けていたダグ・エプスタインを特集します。

◇【4月新番組】「ハイレゾ新譜 by e-onkyo music」
4月2日スタート 毎週土曜15:00〜17:00 

最良の音楽を最高の音で。ハイレゾ音源配信サイトe-onkyo musicで話題の新着音源を、ジャンルを超えてご紹介します。

◇【特別番組】「行方洋一のサウンド紀行〜蒸気機関車総集編」
4月30日(土)11:00〜15:00

4時間連続の迫力SLサウンド
「蒸気機関車にどっぷり浸かる事が出来れば最高と思います」(往年の蒸気機関車少年)というリクエストにお応えして、過去放送分を一挙にお届けする総集編。北海道から九州まで、ど迫力サウンドが列車の旅へと誘います。


■■■121ch:THE CLASSIC■■■


【プロデューサー通信】

桜の開花を待っている間に嬉しいニュースが飛び込んできました。「トッパンホール・トライアングル」で主催公演をご紹介しているトッパンホールが、第47回(2015年度)サントリー音楽賞を受賞しました。

日本の洋楽の発展にもっとも顕著な業績をあげた個人または団体に贈られる賞ですが、コンサートホールが受賞するのは初めてです。開館以来、ひとつひとつのコンサートを丁寧に積み重ねてきましたが、15周年に当たる今シーズンは特に目覚ましい実績があったと評価されたものです。

2007年にこの企画がスタートして以来、録音を担当する芸大の協力も得て、90回を超す放送を重ねてきましたが、1回1回、他では聴けないプログラミングと演奏の質の高さには、感じ入ります。

3/27(再放送=4/1)の放送では西巻正史プロデューサーの喜びの声をお届け、また4月の「トッパンホール・トライアングル」では1887年製ニューヨーク・スタインウェイを用いたアンドレアス・シュタイアーのリサイタルをお届けします。

さらにトッパンホールで大活躍した二十歳のヴァイオリニスト、山根一仁さんが優れた新進音楽家に贈られる出光音楽賞を受賞。ダブルの喜びとなりました。地味と言われがちな室内楽ですが、演奏家と聴き手の親密で濃密な交感は室内楽にこそあり、と言えるのではないでしょうか。(田中美登里)

◇【4月新番組】「SACDコレクション」
4月2日スタート (土)6:00〜10:00

“土曜の朝はSACDでお目覚め”を合言葉に、SACDだけをおかけするゾーン。4月はまずサイモン・ラトルによるシューマンの録音を集めて。「楽園とペリ」「交響曲全集」ほか。また、エリアフ・インバル指揮東京都交響楽団によるマーラーのチクルスも。


◇【特別番組】「名器ストラディヴァリウスの華麗なる饗宴 Vol.1&Vol.2」
4月30日(土)&5月1日(日)22:00〜24:00 

ハーゲン・クァルテットや諏訪内晶子、アラベラ・美歩・シュタインバッハー、石坂団十郎などの演奏家に、名器ストラディヴァリウスを無償貸与している日本音楽財団のコンサートをシリーズで放送していますが、今回はこれまでに行われたコンサートのハイライトをご紹介します。

★非売品CD&DVDのプレゼントもあります!

◇「ウィークエンド・スペシャル」
(日)16:00〜22:00 再放送=(土)12:00〜18:00

4月3日・10日/今年の聴きどころはこれだ!
〜ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン「熱狂の日」音楽祭2016
「la nature ナチュール - 自然と音楽」予習編(出演:山崎浩太郎)
★LFJ2016公式本のプレゼントもあります!

4月17日/アルゲリッチの出会いの場〜第18回別府アルゲリッチ音楽祭2016「平和と音楽」
出演:伊藤京子(ピアニスト、別府アルゲリッチ音楽祭総合プロデューサー)、田中美登里

4月24日・5月1日/セルバンテス没後400年、グラナドス没後100年、ロルカ没後80年、ファリャ没後70年記念〜スペイン音楽のたのしみ (出演:濱田滋郎、濱田吾愛)

◇「トッパンホール・トライアングル」
出演:西巻正史、田中美登里
4月24日(日)22:00〜24:00、再放送=4月29日(金・祝日)12:00〜14:00

<アンドレアス・シュタイアー プロジェクト9>

古楽とモダンを行き来し、知的な演奏解釈で観客を魅了するアンドレアス・シュタイアー(P)のコンサート。ブラームスの6つの小品、シューベルトの即興曲と「楽興の時」、シューマンの幻想小曲集。三人の作曲家が織りなす小宇宙が、この演奏会で見事に浮き彫りにされます。

◇ ◇ ◇


MUSIC BIRDでは、加入すると月額聴取料金が最大2ヶ月分無料になるほか、アンケート回答でもれなくQUOカード2,000円分をプレゼントするなどのキャンペーンも現在実施中。メールで資料請求を受け付けている。

関連記事