【特別企画】ミュージックバード注目番組紹介

名指揮者への独占インタビューやオーディオ評論家の番組も − 音楽専門ラジオ「ミュージックバード」の魅力

2014年07月14日
音楽専門衛星ラジオ「MUSIC BIRD(ミュージックバード)」では、リッカルド・ムーティへの単独インタビューや、会場の熱気をそのまま収録したというジャズライブなどに加え、オーディオ評論家がパーソナリティを務めるマニア必聴番組なども取り揃えているという。同社スタッフが今後の注目番組を紹介してくれた。


<スタッフより>

東京は台風も去り晴天となりました。湿度はまだ高いですが、間もなく夏本番といったところでしょうか。さて、ミュージックバードでは今月も聴き逃せない番組が目白押し!この夏オススメの番組をご紹介します。

【121ch THE CLASSIC】

■週末はスペシャル!上質なクラシックで特別なひと時を。
ミュージックバードが誇るTHE CLASSIC、「ウィークエンド・スペシャル」
(日)16:00〜22:00 再放送(土)12:00〜18:00


◆7月13日は「C.P.E.バッハ生誕300年記念〜エマヌエル・バッハ、先駆者の軌跡」

父J.S.バッハの次男カール・フィリップ・エマヌエル・バッハ(1714〜1788)が、今年生誕300年を迎えました。それを記念し、日本でエマヌエル・バッハとゆかりの深いお三方をお迎えし彼の大特集をお送りします。

出演は著『C.P.E.バッハ研究』(音楽之友社)で知られる国立音楽大学教授の久保田慶一さん、今年生誕300年記念エマヌエル・バッハの室内楽コンサートの4回シリーズを企画しているフラウト・トラヴェルソ奏者の中村忠さん、そしてチェンバロ奏者の大塚直哉さんが登場。

(左から)中村忠、久保田慶一、大塚直哉

エマヌエルの華やかな室内楽作品、心の琴線に触れる繊細な鍵盤作品、そして荘厳な宗教歌曲の魅力を語り尽くすエマヌエル・バッハ一色の6時間です。

◆7月20日はマエストロ・ムーティ再登場
「リッカルド・ムーティ、イタリアの心 ヴェルディを語る」


ミュージックバードでは、5月末から6月初めにかけてローマ歌劇場来日公演のため来日した大指揮者リッカルド・ムーティへの単独インタビューに成功!インタビュアーは演奏史譚 山崎浩太郎さんです。

リッカルド・ムーティ

今回の来日公演はムーティが指揮者としての使命感に燃えるヴェルディの2作品「ナブッコ」と「シモン・ボッカネグラ」でした。

楽譜に「書いてある通り正確に」をモットーとするムーティが歌劇場で繰り広げてきた様々な慣習との戦い、ヴェルディの音楽の本質を雄弁に語りました。途中何度も音楽を口ずさむ様子は、彼が音楽そのものであるかのよう。スタジオにはムーティの本を翻訳した田口道子を迎えて、ムーティの人と音楽を語り合います。

◆7月27日・8月3日「鉄のカーテンをこえて〜キリル・コンドラシン生誕100年記念特集」

今年生誕100年を迎えたロシアの名指揮者、キリル・コンドラシンの演奏を2回にわたってお送りします。コンドラシンは1934年にデビュー、以来、旧ソ連を代表する指揮者として活動したのち、1978年オランダへの演奏旅行中に亡命し、アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団の指揮者に迎えられ、「鉄のカーテン」を越えて、西側で精力的に演奏活動を行いました。

キリル・コンドラシン

1週目(7月27日)は、コンドラシンの亡命前の演奏をお送りします。

1958年の第1回チャイコフスキー・コンクールでのヴァン・クライバーンとの共演、そして筋肉質で力強い響きを見事に表現したモスクワ・フィルハーモニー管弦楽団によるショスタコーヴィチの交響曲をお楽しみください。

■ヨーロッパの一流ライヴをナビゲート付きでご自宅に
「WORLD LIVE SELECTION」(土・日)22:00〜24:00


<ケルンテンの夏2013>

毎年夏にオーストリアはケルンテン州のオシアッハ、フィラッハの街で開催される「ケルンテンの夏」音楽祭2013をお届けします。

・7月13日/マンフレート・ホーネック指揮カメラータ・ザルツブルク、ティル・フェルナー(P)
カメラータ・ザルツブルクによる「オール・モーツァルト・プログラム」。

マンフレート・ホーネック

ウィーン・フィルのコンサートマスター、ライナー・ホーネックの実兄で、現在ピッツバーグ交響楽団で首席指揮者を務めるマンフレート・ホーネックの指揮で交響曲第39番と、ティル・フェルナー(P)との共演でピアノ協奏曲第24番をお送りします。

・7月19日/アドリアン・エレート(Br)ヘルムート・ドイチュ(P)
・7月20日/フィンク兄妹(Br、Ms)、ドイツ、スペイン&アルゼンチンを歌う

<ウィーン・フィル定期演奏会>

7月26日/ブロムシュテットのブルックナー第5番
7月最後を締めくくるのは、ウィーン・フィルの定期演奏会。ヘルベルト・ブロムシュテット指揮によるブルックナーの交響曲第5番です。

-------

【121ch THE JAZZ】

■毎週8時間にわたりアルバムを紹介する、ディスコグラフィー番組
「Special Works」(月〜木)20:00〜22:00


◆7月14日〜17日/あの名曲をジャズで!The Beatlesカヴァー・アルバム特集


ザ・ビートルズのカヴァー・アルバム特集が登場。デヴィッド・キコスキーらのカヴァー・ユニット“ビートル・ジャズ”の「オール・ユー・ニード・イズ・ラヴ」、ジョン・ピザレリがドン・セベスキーと組んだ「ミーツ・ザ・ビートルズ」、山中千尋の編曲センスが光る「ビコーズ」、ジョン・ディ・マルティーノ・ロマンティック・ジャズ・トリオの「ビートルズ・イン・ジャズ」等を通じて、偉大なロック・グループとジャズの親和性を探ります。

◆7月21日〜24日/没後40年デューク・エリントン トリビュート特集


歴史的な邂逅となった「デューク・エリントン&ジョン・コルトレーン」。ジャズの啓蒙活動に情熱を注ぐウィントン・マルサリス率いるリンカーン・センター・ジャズ・オーケストラの「スウィンギン・ウィズ・デューク」、エリントン逝去の翌月に追悼曲を録音したマイルス・デイヴィスの「ゲット・アップ・ウィズ・イット」、セロニアス・モンクが残した唯一のカヴァー作「プレイズ・デューク・エリントン」等、膨大な楽曲を生んだ楽聖の偉業を浮き彫りにします。

■話題の最新ジャズライヴ、会場の熱気をそのままお伝えします!
「Live Works」(月)22:00〜23:00


◆7月5日・12日・19日/第5回ジャズマラソン21@半蔵門「Tokyo FMホール」

7月は3週にわたり4月20日に行なわれた第5回ジャズマラソン21のコンサートの模様をお送りします。

5日は、ディキシーランド・ジャズ界の雄、薗田勉慶(tb)率いる「ディキシー・キャッツ」。清水万紀夫(cl)をフィーチャーして陽気なステージを繰り広げます。

12日は「Tribute to Modern Jazz Quartet」。宅間善之(vib)をフィーチャーして往年のMJQサウンドを響かせます。続いて「R&B Special Sessiom」。原とも也をセッション・リーダーに、70年代R&B調のファンキーなサウンドを聴かせます。

19日は「R&B Special session」にサラ・レクターが加わり、よりファンキーなステージを展開。続いてベテランの面々による「GANG」のステージではデューク・エリントン・メドレーを松下進のギターをフロントに粋なアレンジで聴かせます。

7月26日/デイヴ・ピエトロ(as)、ジョナサン・カッツ(p)「NYTC(New York-Tokyo Connection)」CD「PRECIOUS - Live at the B-flat」発売記念ライヴ@赤坂「ビーフラット」。

デイヴ・ピエトロ

ニューヨークを拠点に活躍、マリア・シュナイダー・ジャズ・オーケストラでもリード・アルトを務めるデイヴ・ピエトロと、東京を拠点に自己のトリオや自身が主宰する「TOKYO BIG BAND」などでも精力的に活動中のジョナサン・カッツによる「NYTC(New York – Tokyo Connection)」の3作目となるCD「PRECIOUS – Live at the B-flat」発売記念ツアーの模様を放送します。メンバーは安ヵ川大樹(b)、江藤良人(ds)と、こちらも日本を代表する名プレイヤーです。

■アナログでしか出せないジャズ・ボーカルの味わいをお楽しみください。
「ターンテーブルの夜」(月〜金)23:00〜24:00


時がめまぐるしく進む現代、慌ただしく生きる毎日。そんな日々だからこそ輝きを増すアナログの世界。パーソナリティが日米を股にかけて集めたヴォーカル・コレクションの中から選曲し、貴重なオリジナル盤も登場します。長い時を隔てたアルバムの味わいを、温かなヴォーカルと共にご堪能ください。


またミュージックバードが誇るオーディオ番組も絶賛放送中です。

オーディオについてもっと知りたい、お使いのオーディオ機器で相談がある、この製品はどうなんだろうなんて思いをお持ちの方などはぜひ、番組宛へメールを送ってみてください。もしかしたら番組内で回答がいただけるかもしれません。

・村井裕弥出演「これだ!オーディオ術〜お宝盤徹底リサーチ〜」
(日)0:00〜1:00
http://musicbird.jp/programs/koreda-audio3/

・田中伊佐資出演「アナログ・サウンド大爆発!〜オレの音ミゾをほじっておくれ」
(土)22:00〜23:00
http://musicbird.jp/programs/analog/

・鈴木裕出演「オーディオって音楽だ!」
(木)22:00〜23:00
http://musicbird.jp/programs/audio/

☆お知らせ
ミュージックバード公式Facebookができました!収録の様子や番組情報が満載です。ぜひ覗いて「いいね!」お待ちしております。


◇ ◇ ◇


MUSIC BIRDでは、加入すると月額聴取料金が最大2ヶ月分無料になるほか、アンケート回答でもれなくQUOカード2,000円分をプレゼントするなどのキャンペーンも現在実施中。メールで資料請求を受け付けている。

関連記事