phileweb | ファイル ウェブ オーディオビジュアルのポータルサイト

pioneer

パイオニア エンサイクロペディア パイオニア エンサイクロペディア

注目モデルテストレポート

点音源追求のノウハウを凝縮したオリジナルユニット搭載のトールボーイ機

文/藤岡誠プロフィール

製品写真

ヨーロッパ調の合理性を訴求し 性能を維持しつつ低価格化を図る

同社スピーカーの原点ともいえる、70年の歴史を持つ「点音源化の追求」を受け継ぐSERIES 7。シリーズのトップモデルであるS-71に搭載されている13cmユニットは、高剛性アラミド繊維振動板とHSDOMチタントゥイーターを組み合わせたオリジナルの同軸ユニット。広い帯域をひとつのポイントから放射することで、自然な音の広がりと明確な音像定位が図られている。

パイオニアは昨年、スピーカーメーカーとして創業してからで70年を迎えている。最近の同社のシステムは1975年に、高次元のプロ用スピーカー/システムを開発するためにプロジェクトを立ち上げたTAD(テクニカル・オーディオ・デバイセス)の成果が活かされ、TADが初めて開発・発売した民生用スピーカーシステムTAD-M1→TAD-R1の影響下にある。これらは単品だが、その後のパイオニアブランドのシステムはシリーズ化され、一番の直系は「1EXシリーズ」「3EXシリーズ」である。しかし、一方では性能・音質・音調を維持しつつさらに低価格のシリーズを求める声も高まった。それに応えたのが外観や寸法比においてヨーロッパ調の合理性を訴求した「SERIES 8」ですべてのユニットを新開発。特に13cm・2ウェイ同軸ユニットの開発は有意義で最新シリーズ「SERIES 7」にノウハウを移転し開発と発売に弾みを付けた。

本機S-71はシリーズ7を象徴する3ウェイトールボーイ型システム。ユニットの核は13cm・2ウェイ同軸ユニット。トゥイーター部はチタンドーム(正確にはドームコーン形状)。これだけで300Hz〜50kHzを受け持ち、300Hz以下はやはり13cm口径で並列駆動の2個のウーファーが担当する。キャビネットは底部ダクトのバスレフ方式。そのダクト周辺はTAD-R1に似たダクトノイズ(風切音)を抑え込む構造。ベース部は3点支持方式で高さ調整が可能。しかも転倒防止の配慮もある。出力音圧レベルは85dB(2.83V/m・6Ω)で必ずしも能率は高くないが、ネットワークの正相接続など各シリーズ内で親和性がありサラウンド/ホームシアターの装置を組んでも位相関係に矛盾が生じることがない。これも大きな魅力のひとつであろう。バッフル全面を覆うネットは採用せず3個のユニットの前部だけをカバーする円形ネットでガードする。入力は4端子方式。

まず、弦楽合奏曲を聴くとバイオリンのパートは硬質感や歪み感がなくナイーブな中に繊細な表現がある。コントラバスのピチカートも開放感があって伸び伸びとしてハイスピード。ステージイメージ(定位と空間再現)が良好なのは同軸ユニットの効果と反射や回析効果の少ないキャビネットの相乗効果であろう。中域周辺も乱れがない。低域量感も十分。ウェルバランスで聴くソースを選ばない。

当然、パイオニアのプリメインアンプA-A9MK2(\140,000)とPD-D9MK2(\140,000)のコンビネーションがトータルデザインの観点からもお薦めである。前者は55W/chでフォノEQ(MM/MC)を内蔵。後者はCD/SACD(2ch)対応。CDはCD-R(RW)、MP3、WMAの再生が可能である。両機共に本体側での操作機能を最小限とし多くの機能をリモコンで設定・操作する独自のフィーリングを持つ。したがってパネル面はシンプルそのもの。黒色・光沢仕上げで豪華さを演出している。予算に余裕があり、もう少しマニアックな機能や操作性を求める向きはデノンのプリメインアンプPMA-2000SE(\178,500)+同CD/SACDプレーヤーDCD-1650SE(\178,500)がいい。前者は8Ω=80W/chを出力しMM・MC対応フォノEQを装備。後者はCD/SACD対応でPCM(CD)は32bitの信号処理。これを有効に活用すべくデジタル入力端子を持っている。

本機の音質・音調からいってこうした上質な機器の組み合わせが好ましい。安手な組み合わせは本機の本質が隠れてしまうからである。

<この製品の情報は「オーディオアクセサリー」135号にも掲載されています>

スペック

【SPEC】●型式:位相反転式トールボーイフロア型 ●ユニット:ウーファー 13cmコーン型×2、ミッド/トゥイーター 同軸13cmコーン型/2.5cmドーム型●インピーダンス:6Ω ●再生周波数帯域:33Hz〜50kHz ●出力音圧レベル:85dB/W(2.83V) ●最大入力:130W(JEITA) ●クロスオーバー:300Hz、2.5 kHz ●ユニット極性:低域(+)、中域(+)、高域(+) ●外形寸法:260W×1114H×276Dmm ●質量:23.8 kg ●取り扱い:パイオニア(株)

BACK