phileweb | ファイル ウェブ オーディオビジュアルのポータルサイト

pioneer

パイオニア エンサイクロペディア パイオニア エンサイクロペディア

注目モデルテストレポート

BDからSACDまでを高品位再生 パイオニアの先進ユニバーサル機

文/鴻池賢三プロフィール

製品写真

価格帯をはるかに上回る画/音の再生クオリティ

多様なメディアに対応したユニバーサル仕様モデル

パイオニアのBDプレーヤー「BDP-LX55」は、基本設計から一新された注目モデルである。BDP-LX54の後継にあたるが、画質/音質はもちろん、他社を先行してきた多様な機能性、そして操作レスポンスも飛躍的に向上した。高品位な再生専用機を心待ちにしていたユーザーにとっては、まさに朗報と言える。

最初に注目すべきは、幅広いメディアへの対応である。ディスクメディアについては、BDやDVDに加え、SACDやDVD-Audioにも対応するユニバーサル仕様となっている。AVCRECやAVCHDを含む動画フォーマット、DVD±R/RWなど、各種の録画メディアにも強い。

対応の幅広さは、PC系の動画フォーマットにまで及んでいる。WMVやAVIに加え、欧米を中心にコンテンツが流通しているDivX PlusHD、PCで高度な動画編集を行うユーザーが用いることが多いMKVにも対応。本機を用いれば、PCを使ってウェブ経由で購入したコンテンツや、自ら制作した動画コンテンツを、手軽にホームシアターで再生できる。

音楽ファイル再生でも、本機は高いポテンシャルを持つ。USBメモリーからは、WAV、FLAC、WMA、MP3の再生に対応。FLACやWAVは192kHz/24bitまで再生可能となっている。特にFLAC再生は、下位モデルのBDP-440が対応していない、本機のみの機能である。


価格帯をはるかに上回る画/音の再生クオリティ

BDP-LX55はマーベル製の高画質LSI「Qdeo」を搭載する。映像と音声のセパレート出力に対応した2系統のHDMI端子も装備している。高品位32bitオーディオDAC(AK4480)の採用や、後段のオペアンプ (NE5532)とのバランス接続など、デジタル領域、アナログ領域の双方で高音質を目指した基本設計が行われている点も見逃せない。

背面端子 ハイエンド・オーディオでも使用される32bitオーディオDACを搭載し、高精度かつ自然なサウンドを実現している。


技術と設計思想については、フラグシップのBDP-LX91を元に簡素化し、デジタル時代にマッチした製品設計とした。よって、手軽に高音質を楽しめる形となっている。また、BDP-LX91では対応できなかったDVD-AudioやSACDのPQLSによるジッターレス伝送が可能になったことも、注目すべき点だ。

機構面では、筐体を支えるシャーシ部を堅牢で制震性の高い二重構造に見直した。回転メカはリジッドに固定する手法を用いている。こうしたシンプルで合理的な設計思想が美しい。

振動制御を高めた「レイヤードシャーシ」と堅牢な「リジッドメカベース」を組み合わせ、さらなる高剛性を実現した筐体が、高音質再生のベースとなる。


ネットワーク再生にも対応 YouTubeも視聴可能

本機はDLNAに準拠し、ネットワークによるオーディオ再生に対応する。また、インターネットに接続してYouTube視聴なども可能で、ネット時代のプレーヤーとして盤石の対応力を誇る。さらに、対応AVアンプとHDMI接続することで高音質、高画質を実現する機能が備わった。「サウンドレトリバーリンク」は圧縮音源などを高品位再生する機能。本機がファイルを読み込んだ際に得た情報をAVアンプに伝え、AVアンプ側でコンテンツに最適な処理を自動で施す。

「ストリームスムーサー」は「Qdeo」を活用する高画質機能である。YouTubeやファイルを問わず、圧縮によってブロックノイズやモスキートノイズが伴う動画を見易く改善し、HDMIからHD解像度で出力てくれる。どちらもネット時代を見据えた実用的な機能だ。

同社の専用アプリケーションである「iControlAV2」を用いればスマートフォンやタブレットから本機を操作することが可能。iPadやiPhoneなどのiOS端末に加え、Android版も用意されている。 本機はUSBメモリーに保存したFLAC、WAV、WMA、MP3の再生に対応する。WAV、FLACは192kHz/24bit音源の再生も可能だ。 動画共有サイト「YouTube」の視聴にも対応。「ストリームスムーサー」機能を使えば、より高精細で自然な画質で楽しめる。


操作性やレスポンスも良好 高品位再生を一手に担う

引き続き採用されたPQLSは、対応AVアンプとHDMI接続する事でジッターレス伝送が可能となる独自機能だ。その効果は特筆に値する。

完成目前の試作機でBD映画『NINE』を視聴したが、音の切れや透明感に優れ、総合的な音質は上位モデルを含めた従来機を凌駕する仕上がりと感じた。新世代「Qdeo」を活かした画質についても、BD映像の緻密さや精彩感を非常によく引き出していた。ディスクローディングの早さや優れた操作レスポンス、そして完成度の高い「iControl AV2」による洗練された操作感が、快適な視聴を約束してくれることにも注目したい。

スペック

【SPEC】●出力端子:HDMI×2(通常+オーディオ専用)、ビデオ×1、光デジタル音声×1、アナログ2ch音声出力×1、LAN端子×1、USB×2 ●外形寸法:435W×93H×252Dmm ●質量:3.5kg

BACK