指紋認証センサーもディスプレイに内蔵

TCL、有機ELディスプレイ/AIクアッドカメラ搭載のSIMフリースマートフォン「TCL 10 Pro」

編集部:川田菜月
2020年05月21日
FOXは、同社が取り扱うTCLより、AIクアッドカメラ搭載のSIMフリースマートフォン「TCL 10 Pro」を5月29日から発売する。本日5月21日11時から予約受付を開始。価格は税込49,280円となる。

「TCL 10 Pro」

TCL 10 Proは、CES 2020にて製品発表されたミドルレンジスマートフォン。国内3大キャリアのau/docomo/SoftBankのネットワークをカバーしている。本体カラーはフォレストミストグリーン(Forest Mist Green)、エンバーグレー(Ember Gray)の2色をラインナップする。

背面にAIクアッドカメラ(6,400万画素のメインカメラ、1,600万画素/123度の広角カメラ、200万画素/ピクセルサイズ2.9μmの暗所撮影用カメラ、500万画素のマクロレンズカメラと合計4基)を搭載。

メインカメラは、暗所撮影時に自動で切り替わる「low-light」モードやAIによるシーン認識機能を装備し、4K/30fpsの動画撮影も可能。カメラ機能はそのほか、960fpsのスーパースローモードやパノラマ撮影、Googleレンズなどに対応。

6.47インチのフルHD(解像度1,080×2,340)曲面有機ELディスプレイを採用。前モデル「PLEX」に引き続き、色差△Eは1未満(TCL labによる実測値)を実現し、よりリアルに近い映像表示を可能にしたとのこと。比率は19.5:9、画素密度は395ppi。

画面占有率は93%。ディスプレイ上部の水滴型ノッチにポートレートモード対応の2,400万画素フロントカメラを搭載する。顔認証のほか、指紋認証センサーも内蔵する。

Netflix公式認定のディスプレイ技術により、HDR 10コンテンツの再生に対応。また通常のSDR動画をリマスターし、HDR相当のコントラストと色合いにアップコンバートする機能も備える。

本体側面には「スマートキー」を装備。シングルプレス、ダブルプレス、長押しにそれぞれの動作を割り当て、任意のアクションを呼び出すことが可能。またロック解除画面からアプリや機能を選択できる「クイックローンチ」、画面の縁をスライドしてショートカット画面を表示「曲面バーショートカット」機能などにも対応する。

CPUはQualcomm Snapdragon 675、OSはAndroid 10を採用。RAMは6GB、ストレージは128GBとなる。Bluetoothはバージョン5.0で、最大4台のオーディオ機器に同時接続可能。Wi-Fiは802.11 b/g/n for 2.4GHz、802.11 a/n/ac for 5GHz、Wi-Fi Directに対応。

外部接続端子はUSB Type-C、3.5mmイヤホンジャックを装備、USB OTGに対応。内蔵バッテリーは容量4,520mAh、QC3.0急速充電にも対応する。外形寸法は72.4W×158.5H×9Dmm、質量は177g。

また、このたびFOXはTCLと端末アクセサリー開発におけるパートナーシップを締結。今後TCLがグローバルで展開する端末用のアクセサリーのプロデュースをFOXが担うこととなった。

今回TCL 10 Proの端末発売とあわせて、FILAやLANVIN en Blue、LANVIN COLLECTIONなど人気ファッションブランドによるTCL 10 Pro専用アクセサリーも多数展開。さらにFOX STOREにてTCL 10 Proを予約・購入すると、対応するハードケース/クリアケースをオンデマンドプリントサービス「caseplay jam」で購入できる5,000円(税込)分のギフトコードが特典として提供される。

関連記事