年内300万曲を配信

音楽配信「mora」がリニューアル − DRMフリー化しAAC 320kbpsで配信

ファイル・ウェブ編集部
2012年09月20日
(株)レーベルゲートは、同社が運営する、ウォークマン公式音楽配信サービス「mora」を10月1日13時から全面リニューアルする。

PC版の画面イメージ

スマートフォン版の画面イメージ

楽曲については、AAC-LC 320kbpsの配信を行い、DRMフリーとする。これによりウォークマンだけでなく、様々な機器で再生が行えるようになる。中心価格帯は1曲250円、アルバムは1,500〜2,500円。10月1日時点で150万曲を揃え、年内に約300万曲までラインナップを増やす予定。

楽曲はmora ID(従来のmoraアカウント)を使用して10回までダウンロードが可能。最大10台の端末に直接ダウンロードできる。

さらに、従来は別のサービスになっていたPC向けのmoraとスマートフォン向けのmora touchを統合。PCでもスマートフォンでも、同一のサービス提供が可能になる。

またAndroid搭載のウォークマンでも直接購入が可能となり、本日発表されたウォークマンFシリーズには、ストアである「mora」アプリがプリインストールされる。さらにPCでも、x-アプリだけでなくMedia Go内にもストアをオープン。Media Go対応のXperiaやXperia Tablet S、PSPなどへも簡単に転送できる。

その上で、サイトやアプリのデザインは端末に最適化。より直感的な操作で購入を行えるようにする。

支払い方法は、PCの場合はクレジットカード(VISA/Master/JCB/Diners/AMEX)、mora music card、ウェブマネー、BitCash、楽天Edyに対応。Androidの場合は、PCと同じ各種クレジットカードのほか、キャリア決済も利用できる。

関連記事