東芝アメリカ家電社、高画質回路「XDE」搭載DVDプレーヤーを発売

2008年08月18日

XD-E500
(株)東芝の米国現地法人である東芝アメリカ家電社は、北米向けDVDプレーヤー「XD−E500」を本日より発売した。価格は149.99ドル。

XDE回路は、480i/pを1080pにアップコンバートする処理に加え、「シャープ」、「カラー」、「コントラスト」という3つのモードを選択することが可能。これにより、DVDをより鮮明な映像で視聴できる。モードはオン/オフが選択できるだけで、個別の細かな調整はできない。なお、アップコンバートのアルゴリズムは通常のものと同様で、Cell B.E.やSpursEngineなどを使用した超解像技術などは用いられていない。

「シャープ」モードはエッジをより鮮明に、より細かく描写する。これまでの技術とは異なり、画像全体を解析し、必要な部分のエッジ強調のみを正確に行うという。

「カラー」モードはより自然な色合いを実現する。特に青と緑の再現性を高めるという。

「コントラスト」モードは暗めのシーンでつぶれがちな情報をくっきりと見せるモード。

本機はまた、DVDの24p出力にも対応。HDMI-CECにも対応するほか、DivX/JPEG/MP3/WMAの再生も行える。

同社では、「XDE」の魅力をアピールするため、新聞・雑誌およびオンライン上での広告キャンペーンを展開する予定という。

商品企画担当のLouis Masses氏は、「消費者はこれまで、他のどんな技術よりもDVDフォーマットを受け入れてきて、多数の映画ライブラリーにも投資をしてきた。市場がハイディフィニションへと向かう中、XDEは消費者に、数万ものDVDタイトルのライブラリーを使って全く新しい体験をもたらす」とコメント。「XDEは、既存のDVDのディテールやカラーをエンハンスすることで、HDに近い体験をもたらす。東芝は消費者が望むもの、ハイクオリティ体験と、手頃な価格を提供する」とも述べている。

(株)東芝 デジタルメディアネットワーク社によると、XDE回路を搭載したDVDプレーヤーは、北米だけでなく他地域でも販売する計画という。「国内での発売もご期待いただきたい」とのことなので、日本での発売について近々発表があるものと予想される。

(Phile-web編集部)

関連記事