ソニー、液晶“BRAVIA”V2500/S2500シリーズ6モデルを発売

2006年08月30日
ソニーは、液晶テレビ“BRAVIA”シリーズの“V2500”シリーズ3モデル、“S2500”シリーズ3モデルを10月20日より順次発売する。

新製品の概要は以下の通り。なお、価格はすべてオープンとなる。

液晶テレビ
シリーズ 型番 予想実売価格 発売日
V2500シリーズ KDL-46V2500 500,000円前後 10月20日
KDL-40V2500 400,000円前後
KDL-32V2500 240,000円前後 11月10日
S2500シリーズ KDL-46S2500 450,000円前後 10月20日
KDL-40S2500 350,000円前後
KDL-32S2500 230,000円前後


■V2500シリーズ

V2500シリーズ。左から46/40/32V型

46V型「KDL-46V2500」

V2500シリーズは、今年4月に発表したV2000シリーズ(関連ニュース)の後継機。V2000シリーズはパネル解像度が1,366×768ドットのワイドXGAだったが、今回は、46/40V型を1,920×1,080ドットのフルHDとした。32V型はこれまで同様ワイドXGAとなる。

地上・BS・110度CSデジタルチューナーを1基ずつ搭載。ほかに地上アナログチューナーも備える。


ライブカラークリエーションはV2500/S2500の全モデルが装備
従来シリーズ同様、バックライトに広色域バックライトシステム“ライブカラークリエーション”を採用。RGBそれぞれの蛍光体を新たに開発し、赤・緑の波長を強めることで色再現力を同社従来CCFL方式液晶テレビ比で約120%に拡大、「鮮やかな真紅や深みのある赤、深緑などのより深い自然の色合いを忠実に再現している」という。

画像エンジンは、従来の“ブラビアエンジン”を引き続き搭載。表示デバイスの能力を最大限発揮させるカラープロセッサー、映像シーンの分析による最適なコントラストの表示、MPEGノイズリダクション、輪郭補正を行うディテールエンハンサーなどにより高画質な映像表現を実現している。

上位シリーズのX2500シリーズと同様、映像の明暗を自動検知して、バックライトの輝度や階調表現の調整を行う「アドバンスト・コントラストエンハンサー」を搭載。これにより、X2000シリーズでは1,300対1だったコントラスト比を、46/40V型では1,800対1、32V型では1,700対1に向上させた。なお、パネル輝度は450cd/m2


左:V2500シリーズの46/40V型のリモコン 右:V2500シリーズの32V型とS2500シリーズのリモコン
使い勝手の面では、外部入力の映像を視聴中に、放送を子画面表示できる機能を、46/40V型の2モデルに搭載。また、明るさセンサーによる輝度の自動調整機能や、X2500シリーズと同様のシンプルリモコンを採用した。

端子面では、HDMI端子を従来の1系統から2系統に増やした。ほか、映像入力端子はD4端子が2系統、S2端子が2系統、ビデオ端子が3系統。D-Sub15ピンも装備する。

デザインは、従来シリーズで好評だった、黒を基調にした「クール&モダン」コンセプトを踏襲しつつ、フレーム下部の造形をよりシンプルにするなどの工夫を施した。

■S2500シリーズ

S2500シリーズ

40V型「KDL-40S2500」

エントリーシリーズのS2500も、4月に発表したS2000シリーズの後継機。パネル解像度は全モデルとも1,366×768のワイドXGA。搭載するチューナーは地上・BS・110度CSデジタルチューナーと地上アナログチューナーが各1基ずつ。

本シリーズは、従来のS2000では搭載しなかった広色域バックライトシステム“ライブカラークリエーション”に対応。また、「アドバンスト・コントラストエンハンサー」も搭載した。コントラスト比は、46/40V型は従来と同じ1,300対1だが、32V型は1,700対1に向上している。パネル輝度は450cd/m2。HDMI端子は従来通り1系統を装備する。

【問い合わせ先】
ソニーマーケティング(株)
お客様ご相談センター
TEL/0570-00-3311

(Phile-web編集部)


<関連ニュース>
 ・ソニー、“BRAVIA ”4シリーズ11モデルを9月より順次発売
 ・ソニー、新画像エンジンやHDMI 1.3搭載の“BRAVIA”X2500シリーズ3機種
 ・ソニー、「SXRD」0.61型フルHDパネル搭載の中級プロジェクター「VPL-VW50」を発売
 ・ソニー、SXRDプロジェクションテレビ“BRAVIA”60/50V型2モデルを発売
 ・ブラビア“第二幕”開演 − ソニー井原氏が語る大型化戦略
新着記事を見る
  • ブランドSONY
  • 型番KDL-46V2500
  • 発売日2006年10月20日
  • 価格¥OPEN(予想実売価格500,000円前後)
【SPEC】●画面サイズ:46V型 ●パネル解像度:1,920×1,080 ●輝度:450cd/m2 ●視野角:上下左右178度 ●コントラスト比:1,800対1 ●受信チャンネル:地上・BS・110度CSデジタル、地上アナログ ●入出力端子:HDMI入力2、D4入力2、S2入力2、ビデオ入力3、D-Sub15ピン入力1、デジタル放送/ビデオ出力端子1、光デジタル音声出力1、ほか ●消費電力:250W ●外形寸法(スタンド含む):1120W×805H×334Dmm ●質量(スタンド含む):36.0kg
  • ブランドSONY
  • 型番KDL-40V2500
  • 発売日2006年10月20日
  • 価格¥OPEN(予想実売価格400,000円前後)
【SPEC】●画面サイズ:40V型 ●パネル解像度:1,920×1,080 ●輝度:450cd/m2 ●視野角:上下左右178度 ●コントラスト比:1,800対1 ●受信チャンネル:地上・BS・110度CSデジタル、地上アナログ ●入出力端子:HDMI入力2、D4入力2、S2入力2、ビデオ入力3、D-Sub15ピン入力1、デジタル放送/ビデオ出力端子1、光デジタル音声出力1、ほか ●消費電力:210W ●外形寸法(スタンド含む):988W×715H×266Dmm ●質量(スタンド含む):27.5kg
  • ブランドSONY
  • 型番KDL-32V2500
  • 発売日2006年11月10日
  • 価格¥OPEN(予想実売価格240,000円前後)
【SPEC】●画面サイズ:32V型 ●パネル解像度:1,366×768 ●輝度:450cd/m2 ●視野角:上下左右178度 ●コントラスト比:1,700対1 ●受信チャンネル:地上・BS・110度CSデジタル、地上アナログ ●入出力端子:HDMI入力2、D4入力2、S2入力2、ビデオ入力3、D-Sub15ピン入力1、デジタル放送/ビデオ出力端子1、光デジタル音声出力1、ほか ●消費電力:157W ●外形寸法(スタンド含む):791W×592H×219Dmm ●質量(スタンド含む):17.0kg
  • ブランドSONY
  • 型番KDL-46S2500
  • 発売日2006年10月20日
  • 価格¥OPEN(予想実売価格450,000円前後
【SPEC】●画面サイズ:46V型 ●パネル解像度:1,366×768 ●輝度:450cd/m2 ●視野角:上下左右178度 ●コントラスト比:1,300対1 ●受信チャンネル:地上・BS・110度CSデジタル、地上アナログ ●入出力端子:HDMI入力1、D4入力2、S2入力2、ビデオ入力3、D-Sub15ピン入力1、デジタル放送/ビデオ出力端子1、光デジタル音声出力1、ほか ●消費電力:235W ●外形寸法(スタンド含む):1120W×805H×334Dmm ●質量(スタンド含む):34.0kg
  • ブランドSONY
  • 型番KDL-40S2500
  • 発売日2006年10月20日
  • 価格¥OPEN(予想実売価格350,000円前後
【SPEC】●画面サイズ:40V型 ●パネル解像度:1,366×768 ●輝度:450cd/m2 ●視野角:上下左右178度 ●コントラスト比:1,300対1 ●受信チャンネル:地上・BS・110度CSデジタル、地上アナログ ●入出力端子:HDMI入力1、D4入力2、S2入力2、ビデオ入力3、D-Sub15ピン入力1、デジタル放送/ビデオ出力端子1、光デジタル音声出力1、ほか ●消費電力:192W ●外形寸法(スタンド含む):988W×716H×266Dmm ●質量(スタンド含む):26.0kg
  • ブランドSONY
  • 型番KDL-32S2500
  • 発売日2006年10月20日
  • 価格¥OPEN(予想実売価格230,000円前後
【SPEC】●画面サイズ:32V型 ●パネル解像度:1,366×768 ●輝度:450cd/m2 ●視野角:上下左右178度 ●コントラスト比:1,700対1 ●受信チャンネル:地上・BS・110度CSデジタル、地上アナログ ●入出力端子:HDMI入力1、D4入力2、S2入力2、ビデオ入力3、D-Sub15ピン入力1、デジタル放送/ビデオ出力端子1、光デジタル音声出力1、ほか ●消費電力:157W ●外形寸法(スタンド含む):792W×593H×219Dmm ●質量(スタンド含む):17.0kg

関連記事