スピーカーシステム LS-V230-W \30,450(ペア)


LS-V230-W


背面端子部
サイズ以上の迫力を堪能、トールボーイの本格派
文/林 正儀


このところホームシアターセットに力の入るケンウッドだが、これはステレオ再生を主眼におく本格派トールボーイの登場である。80cmの高さをもつウッドエンクロージャーには反射波を防ぐラウンド加工も施され、13cmのPPコーンウーファーが2基とセミハードームトゥイーターが搭載されている。

改善は顕著で、ベースやピアノの低域がしまると当時にボーカル帯域がしっかりした密度感で描かれる。ハイはややダラ下がり。ロールオフが早くいたずらに伸ばさないけれど密度も薄まらない。これは立派だ。帯域内のエネルギーバランスがとれており、最後まで音色の変化がない。倍音や響きのニュアンスもペアで3万円と思えない上質な雰囲気である。

小ぶりなトールボーイであり、ついイージーに扱いたくなるけれど、土台は固めよう。素姓のよさはこれで一気に引き出されるはずだ。音にタイト感が生まれ、ウーファーのストロークも効いてサイズ以上のダイナミック感を楽しませる。やや低能率(84dB)ゆえ、アンプには駆動力の高いものがいい。本来は音楽再生向けだが、ホームシアターでもぜひ使いたい。

【SPEC】
●形式:2ウェイ3スピーカーシステム(バスレフ)●ユニット: 130mmウーファー×2、25mmトゥイーター ●周波数特性:40Hz-25kHz ●インピーダンス:8Ω ●外形寸法:165W×800H×254Dmm ●質量:約10kg(1本)

【関連リンク】
Phile-webニュース「ケンウッド、薄型AVアンプなどホームシアター関連9製品を一挙発表」