製品データベース

TOP > AVアンプ > AVアンプ

SR7001

MARANTZ
SR7001

¥135,000(税抜)

発売:2006年11月上旬
AMAZONで検索

電流帰還型パワーアンプを搭載した7.1ch AVアンプ

ビジュアルグランプリ2007 SUMMER ≪AVアンプ(普及タイプ/15万円未満)部門≫受賞モデル

【SPEC】●実用最大出力(JEITA):6Ω 170W/Ch ●定格出力:6Ω 140W/Ch ●S/N(アナログ入力):105dB ●周波数特性(アナログ入力):8Hz〜100kHz(±3dB) ●入力端子:HDMI(Ver1.2)×4、コンポーネント映像×4、S映像×5、コンポジット映像×5、同軸デジタル音声×3、光デジタル音声×4、アナログ音声LR×7、アナログ音声7.1ch×1 ほか ●出力端子:HDMI(Ver1.1)×1、コンポーネント映像×2、S映像×3、コンポジット映像×4、同軸デジタル音声×1、光デジタル音声×1、アナログ音声LR×4、プリアウト(7.1ch)×1、ヘッドホン×1 ほか ●消費電力:最大740W ●外形寸法:440W×184H×396Dmm ●質量:15kg

※原則として製品発表時のデータを掲載していますので、内容・価格は変更されている場合があります。また、この製品データベースには生産・販売を休止したモデルの情報も含まれています。

テストレポート

マランツの中堅AVアンプ、SR7500が3年ぶりのフルモデルチェンジだ。薄型テレビに合わせたボディのスリム化、自動音場補正機能の進化などがポイントで、HDMI入力はバージョン1.2ながらクラス最多の4系統を装備する。シリコンイメージ社の2入力ICを2基搭載している。これはBD、HD DVDのPCM出力を受けられるほか、SACDのストリーム信号(DSD)にも対応可能。ビデオ信号のコンバートもマランツとしては初の試みだ。

アンプ部のシャーシレイアウトをこれまでの縦置きからSR9600と同様の横置きにしたことに加え、高密度実装が効いている。自動音場補正もエムラックから最新のオデッセイに変わっている。1ポイント測定から最大6箇所のマルチポイントでの測定が可能になり、より高精度に補正動作を行う。

サウンドは一層しなやかになり、マランツらしさが磨かれた印象だ。140W/chの高出力だが、剛腕でねじふせるようなところは微塵もなく、パワーをひけらかさない。CD、DVDソースとも、弱音からピークまでの切れ目がなく、瞬時のアタックやリリースにもに素直に応答する印象だ。『オペラ座の怪人』のチャプター5など朗々と唱うステージ感がリアルで、位相ズレがないことによる空間全体の純度感がすばらしい。

もちろんアクション系作品での破壊力も十分。鍛え上げたサウンドと魅力の新機能で、中堅ゾーンをひっぱる魅力機といえるだろう。(林正儀)

お取り扱い店一覧

上記製品の販売価格などを販売店よりお知らせいたします。お問い合わせはこちらからどうぞ。

お問い合わせの内容を下記からお選び下さい
連絡したい販売店を下記からお選び下さい
  • このショップの最新お買い得情報
ご質問などがございましたらご記入下さい

(例:同価格帯のおすすめ商品、この製品との組み合わせに最適なモデル、カラーバリエーションの在庫有無など)

お名前、メールアドレス等をご記入ください
お名前
都道府県
メールアドレス
ご注意
  • お問い合わせ内容を詳しくご記入いただくと、お店からスムーズに回答が寄せられます。また、ケーブルなどは長さや本数もご記入ください。
  • お問い合わせ内容は、ご依頼のあった販売店にのみ送信されます。ファイル・ウェブおよび音元出版では、「店舗から連絡が無い」等の事故に対する責任は負いかねます。
  • ご質問の内容、またお店の営業状況によっては、回答が遅れる場合もございます。ご了承ください。