Phile web オーディオビジュアルのポータルサイト ファイルウェブ

オーディオテクニカ

トップに
戻る

テストレポート

3D、DLNA、地デジ…A&Vの旬のトピックに高品位対応するHDMI 1.4ケーブル
AT-HMH
レポート/大橋伸太郎

手頃な投資でクオリティの高い画と音をシステムの大動脈に導入できる

三題噺ではないが、今オーディオビジュアルの旬は、3D、DLNA、そして放送のデジタルへの完全移行である。実は、この全てにHDMIが深く関わっている。3Dブルーレイディスクの再生、HEC(家庭内ネットワークのEthernet伝送サポート)、ARC(オーディオリターン出力〜テレビ内蔵チューナーのデジタル音声を外部アンプへ出力する際、光出力を必要とせずHDMI一本で可能)。これら新しい要求を満たすのがHDMI のVersion1.4といわれる規格であるが、オーディオテクニカからいち早くこれらへの対応を果たしたケーブルが発売された。AT-HMHである。

導体に高忠実度伝送を実現した高純度99.996%(4N)OFC線を使用、3重シールドで外来ノイズを低減。本機にはホワイト/ブラックの2色があり、半艶ジャケットの本機を手に持つとやや硬いが曲げやすく癖が付かないのがいい。コンパクトで堅牢な樹脂製コネクターは美しい光沢仕上げ、噛合部は金メッキ処理である。このAT-HMHを音元出版視聴室と自宅視聴室でそれぞれ二日間テストしたので印象記を報告する。

音元出版視聴室ではまず、今注目の3D再生から。発売を目前にしたパナソニックTH-P50VT2(プラズマテレビ)とDMR-BWT3000(BDレコーダー)をAT-HMHで接続、ビエラVT2に同梱される3Dデモンストレーションディスクをアクティブシャッターメガネを着用して視聴。非常に安定した立体映像が楽しめる。実は3Dも伝送経路のHDMIケーブル如何で立体感や二重像の出方に微妙な差があることを確認しているが、AT-HMHは前方に描かれる被写体の結像が鮮明、奥行感も自然で疲れない。

一般の2Dハイビジョン映像はQ-TECのテストディスクを視聴した。バランスの良さが好印象。圧縮ノイズがうまく抑えられ夜の東京タワーのトラス(構造体)に浮くノイズも落ち着いている。竹林の映像のフォーカスアウトした竹の幹も丸みと質感を保持する。

BD映画はどうだろう。『キャデラックレコード』はハリウッド映画らしく映像が明るく艶やかで力がある。俳優の表情(演技)に力があって生き生きしているのがいい。きめ細かな表現も疎かにせず俳優のメイキャップの巧みさが伝わり、フィルムグレインの自然な表出が出来ている。

AT-HMHを自宅視聴室に持ち帰り視聴を続行する。ここからは音質中心の視聴。BD音楽ソフトに、コンセルトヘボウでのハイティンク(指揮)とマレイ・ペライア(pf)の共演によるシューマンのイ短調コンチェルトを再生した。このディスクはサラウンドも96kHz/24bitだが、世界屈指の名ホールの玲瓏とした澄んだ朴訥な響きが再現される。弦楽セクションの合奏の分解能と倍音の表現も肌理細かい。感心したのは、ソリストであるペライアのピアノ。ペライアは今日を代表的する流麗なテクニックの美音派ピアニストである。シューマンのコンチェルト、とりわけ第三楽章(アレグロ・ヴィヴァーチェ)は、大きくうねるようなリズムで大輪の幻想の華が開花していくような華麗さが特徴だが、再生システムが力不足だとここでのペライアの演奏はテクニックが仇になり、技術ばかりが浮き上がった軽く流した演奏に聞こえる場合がある。今回は、発音(ピアノの打鍵)に芯が備わり実在感に富む再生でシューマンらしい内省的なロマンと幻想性を味わわせてくれた。これまで何かと難癖を付けられてきたHDMI音楽再生の音質がこの飛躍ぶりである。

HDMIがAVの大動脈を担うようになりすでに5年以上が経つ。HDMIインターフェース機器の拡大と生産の増加を反映してこの1、2年、システムの品位(具体的には機器に搭載されるエンコーダー、デコーダーの質)が向上し、HDMIの画質音質は大きく向上した。そうした機器の進展を鋭敏にしかも安定して反映するケーブルが今、必要だ。オーディオテクニカのAT-HMHはそうした最新の一本である。驚くことにその価格はAT-HMH/1.0(1.0m)で予想実売価格2,480円前後。量販店で売られる一般的製品と大差ないのである。手頃な投資で画と音のエキスパートAT-HMHをシステムの大動脈に導入できる。これこそ、AV革命前夜の価値ある投資ではないか。

【SPEC】●ラインナップ:AT-HMH/0.7(0.7m)¥OPEN(予想実売価格1,980円前後)、AT-HMH/1.0(1.0m)¥OPEN(予想実売価格2,480円前後)、AT-HMH/1.5(1.5m)¥OPEN(予想実売価格2,980円前後)、AT-HMH/2.0(2.0m)¥OPEN(予想実売価格3,480円前後)、AT-HMH/3.0(3.0m)¥OPEN(予想実売価格3,980円前後) ●導体:高純度99.996%OFC線 ●構造:3重シールド構造 ●端子:金メッキ処理
ATH-CKR75BT/55BT特設サイトはこちら
AT-ART1000製品レビュー&動画レポート

オーディオテクニカNEWS

バックナンバー

  • Headphone Navi
  • MIC Navi
  • Cable Navi
  • イベントレポート
  • SUMMER SONIC ブースレポート

VGP2017 SUMMER 受賞製品

企画賞