今週の読者投票:新PS3に熱視線 − 購入検討者が約3分の1を占める

Phile-web編集部
2009年08月31日
8月25日〜8月31日の読者投票:新PS3、買いますか?

9月3日にいよいよ発売される新型PS3「CECH-2000A」(関連ニュース)。最大の特徴は筐体を小型化したことで、2006年11月に発売した60GB HDD搭載モデルと比較して体積・厚さ・重さをそれぞれ約3分の2にスリム化した。

またAV機能では、HDMI関連の機能が充実。HDMI出力端子からドルビーTrueHDとDTS-HD Master Audioなどのビットストリーム出力が行えるようになったほか、HDMI C.E.C.を利用したブラビアリンクもサポートした。さらに、回路線幅を微細化したCellを搭載したことにより発熱を抑え、ファンノイズが低減したことも見逃せない。

今週の読者投票では、この新PS3の購入意向について尋ねてみた。結果は以下の通り。


「興味が無いので買わない」が38%でトップ。すでにBDプレーヤーやレコーダーを持っている方も多いだろうし、そもそもゲームにあまり興味が無いという方も多数いるだろうから、この結果はうなずける。

興味深いのは「いまのPS3で満足なので買わない」と答えた方が24%を占めたこと。あす9月1日に公開される最新システムソフトウェア(ver.3.00)はDTCP-IPに対応し、レコーダーなどで録画したデジタル放送を、家庭内ネットワーク経由で再生することができるようになるが、このシステムソフトは現行のPS3でも利用できる。小型・軽量、静音性、さらに上記のHDMIの付加機能など新PS3には様々なメリットがあるが、現行PS3ユーザーもかなりの機能強化を果たすことになるのだ。また、メディアプレーヤーとしてのPS3はこれまでの仕様でも十分に高機能。これらの理由から、現行ユーザーの多くが投資対効果を冷静に見極めようとしているのだろう。

一方で「もしかしたら買うかも」「そのうち買いそう」「速攻で買う!」と答えた方は合計で32%。約3分の1の読者が買い替えの意向を持っているか、買い替えを検討していることになる。この中には現行機のユーザーも相当数含まれていると予想でき、新PS3に対する期待の高さを実感させられる。

なお「お金がないので買えない」という方も4%いた。編集子自身も同じ境遇なので、お互いに慰め合いたい心境だ。