[PR]「Kraken Pro V2 Oval」の実力をチェック

音質大幅アップ&高コスパ! プロゲーマー御用達“Razer”の新ヘッドホンは音楽リスニングも◎

山本 敦

前のページ 1 2 次のページ

2017年08月21日
■Razerの新ハイエンドヘッドホンはゲーマーだけなくオーディオファンも要注目!?

2005年にアメリカのサンディエゴに誕生したRazerは、世界中のe-Sportsの舞台で活躍するプロゲーマーから支持を集めるゲーミングデバイスブランドだ。ゲームの世界にプレーヤーをより深く引き込むハイクオリティなサウンドや映像が再現できるRazerのプロダクトには、ありふれたAV機器にはない独特な個性があるにちがいない。今回はRazerのラインナップの中でもとりわけハイエンド志向の強いヘッドホンの最新モデル「Kraken Pro V2 Oval」の実力をチェックしてみよう。

Kraken Pro V2 Oval


Razerが扱う商品カテゴリーにはゲーム用のハイスペックPCのほか、Android TV搭載のセットトップボックス、ウェアラブル端末などITの先進デバイスのほか、本機をはじめとするヘッドホン、そして以前に当サイトで折原一也氏がレポートしているポータブルBluetoothスピーカー「Razer Leviathan Mini」のようなオーディオ系のラインナップがある。

プロゲーマーが愛機とするヘッドホンには、クリアで緻密なゲームサウンドの再現性と、長時間身につけていてもストレスを感じさせない快適な装着感が求められる。音についてはゲームの舞台を広く見渡せる解像感や音像の明快な定位感を再現できることがプレイの品質に直結するため、特にシビアな評価に晒される基準値だ。

ヘッドホン「Kraken Pro」には40mm口径のネオジウムマグネットを採用するドライバーが搭載されていたが、次期モデルの“V2”ではドライバーの口径がさらに大型化されて50mmに拡大。オーディオ再生のパフォーマンスにゆとりを持たせた。

全3色をラインナップ

さらに、最新モデル「Kraken Pro V2 Oval」では楕円形のイヤーパッドを採用。正円よりも人間の耳により近い楕円形イヤーパッドによって装着感や遮音性の一層の向上を図っている。なお、初代機からV2への進化の時点でイヤーパッドのクッションを柔らかいものに代えて、クランプ圧も最適化していた。

オーバル型イヤーパッドを採用

またボディには軽量アルミを使って軽量化も図った。ヘッドバンドとアームの部分にアルミ素材を使ったことにより剛性も高めている。筐体にメタル素材を使ったことで、サウンドの安定感も増したようだ。新旧モデルの音質比較は後ほどゆっくり行いたい。

なお本機はゲーム用途も想定するヘッドセットでもあるので、ボイスチャット用のマイクが内蔵されている。マイクの先端を伸ばすと口元まで持ってくることができるが、使わない場合はハウジングに格納できるので、見た目にはオーディオ用ヘッドホンと変わらない。カラバリはブランドのシンボルカラーであるグリーンのほか、落ち着いたブラックとホワイトが揃う。ケーブルは本体片出しで、インラインにボリュームコントローラーを装備する。

ゲームヘッドセットとしてのマイクは収納可能

■前モデルから音質はどう進化した?

新機種の「Kraken Pro V2 Oval」と前世代の「Kraken Pro」を並べながら用実力を比べてみよう。

まず身につけたときの装着感は、明らかに新製品の方が快適だ。ドライバーが大型化したことで、イヤーカップの内側も容積が増した。耳を包み込むほどゆったりとしたサイズ感だ。イヤーパッドは楕円形になって中のクッションが柔らかくなっただけでなく、外皮の肌触りがより滑らかになっているので、メガネをかけたままヘッドホンを装着しても締め付けられる感じがしなかった。

大きく飛躍した音質。コストパフォーマンスも高い

前のページ 1 2 次のページ