早くもベストセラーの予感!?

発売前から話題沸騰!iFi-Audio初のBluetooth対応デジタルハブ「nano iOne」を聴く

高橋 敦

前のページ 1 2 3 4 次のページ

2017年04月21日
■nanoシリーズに登場した新たな提案

iFI-Audioが展開する製品は実に幅広い。 

「micro iDSD BL」のように、ヘッドホンアンプ/DACとしてのど真ん中の形に超スペックとそれにふさわしいオーディオクオリティを備えたモデルもある。どういった使い方をするものでどういった恩恵があるものなのか、分かりやすい。

一方「iEMatch」は、「強力なヘッドホンアンプはたいていのイヤホンに対して音量が大きすぎる」という地味な問題の改善を図る、ニッチな製品だ。この効果は説明がないと分かりにくい。

しかし、分かりやすい製品も分かりにくい製品も、同社の製品の多くは発表されれば「なるほどそこか」と話題になり、発売されればその実力が評価される。iFI-Audioは着眼点や発想と、それを実現する技術力、その両方を兼ね備えたブランドということだ。

2017年4月29日発売! iFi-Audio「nano iOne」¥27,000(税抜)

そのiFI-Audioが新たに提案してきたアイテムが「nano iOne」。同じ「nano」シリーズである「nano iDSD」「nano iCAN」などと見比べるとボリュームノブが見当たらない。このモデルはヘッドホンアンプやプリアンプの機能は持たずライン出力に特化しており、「純DAC」とも表現できるものなのだ。そしてDACとしてのスペックやクオリティはもちろんiFI-Audioが誇るそれだ。最大PCM 192kHz、DSD 12.4MHz、384kHz DXDにまで対応する。

nano iOneの裏面には、DSDやDXDにも対応していることを明記

しかしやはりそれだけではない。このモデルの提案性は、このモデルがUSBのほかにS/PDIF入力、そしてBluetoothレシーバーの機能も備えていることにある。

さまざまな機器とオーディオを結ぶ「デジタルハブ」

前のページ 1 2 3 4 次のページ

関連リンク