ファイル・ウェブ「アナログレコード特集」

入門カートリッジ(3)老舗中の老舗、王道中の王道。オルトフォンのド定番モデルはコレだ!

野村ケンジ

前のページ 1 2 3 4 次のページ

2016年09月15日

アナログプレーヤーの手軽な、それでいてとても効果的なグレードアップの手段として、カートリッジの交換をお勧めしているこの企画。第3回目の今回は、老舗中の老舗であり、王道中の王道であるカートリッジ界の雄、オルトフォンを紹介していこう。

オルトフォンといえば、現在はスピーカーやアンプ、イヤホンまで、様々なオーディオ製品をラインナップするメーカーとなっているが、アナログプレーヤー用カートリッジがメイン製品であることには変わりがない。そのラインナップも幅広く、DJ用から超高級モデルまで、多数の製品/シリーズがラインナップしている。そのなかでも、今回は“アップグレード”に適した3万円前後までの製品とともに、ベストセラーシリーズなども紹介していこう。

 *第1回目はこちら
 *第2回目[オーディオテクニカ編]はこちら




オルトフォン「Concorde Qbert」 ¥OPEN(予想実売価格12,580円前後)
製品詳細

Concorde Qbert

その名のとおり、超音速旅客機コンコルドのノーズ部分のようなデザインを持つ、DJ向けのMM型アナログカートリッジ。いわゆる“シェル一体型”のボディとなっていて、ヘッドシェルやリード線などを用意する必要なく、そのまま手軽にカートリッジを交換でき、すぐにでも使い始めることができる。

Concordeシリーズは、現在10モデルほどの豊富なラインナップを取りそろえており、それぞれに特徴を持っているが、今回はテーマに合わせて2モデルをピックアップさせてもらった。そのうちのひとつが、このDJ Qbertが監修したモデル「Concorde Qbert」だ。スクラッチの神様と呼ばれるDJ Qbert自身が開発に携わり、スクラッチやバックキューイングにおける針跳びを限りなく抑える事に成功。高出力と耐久性の高さを併せ持つ製品に仕上っているのだが、こういった高耐久性もさることながら、11mVという(MMカートリッジとしても類を見ない)ハイパワーな最高出力によって、パワフルなサウンドを楽しむことができるようになっているのだ。

そのため、ポップスやロックなどとも相性が良く、グルーヴ感の高い、リズミカルなサウンドを楽しむことができる。強弱の表現はやや浅く、音数も多少なり整理されている印象を受けるサウンドキャラクターだが、その分、聴かせどころはしっかりと心得ていて、ヴォーカル、特に女性ヴォーカルは心地よい響きの歌声を楽しませてくれる。本来はガチガチのDJ用なのだろうが、ほどほどのボリュームでイージーリスニング的な聴き方もできる、使い勝手の良い製品だ。

ちなみに、スタイラスは円錐タイプを採用。適正針圧は3gとやや高めの設定となっている。


クオリティチェック(-2〜2)
音の表現  広がり重視 ○○|○○  密度重視(±0)
音の再現  迫力重視  ●○|○○  音場重視(-2)
音の質感  クール   ○○|●○  ウォーム(+1)
帯域表現  低域重視  ○●|○○  高域重視(-1)
高域表現  煌びやか  ○●|○○  伸びやか(-1)
低域表現  硬い    ○○|○○  柔らかい(±0)



続いて「Concorde Gold」「2M Red」をレビュー

前のページ 1 2 3 4 次のページ