2台持ちのユーザーに朗報

AKG「N20U」レビュー:iOS/Androidどちらでも使えるリモコン付きイヤホンの使い勝手を試す

山本 敦

前のページ 1 2 次のページ

2016年03月28日
AKGの「Nシリーズ」は昨年の夏に発表されて以来、ブランドの新しいプレミアムシリーズとして注目されている。中でもラインナップの第1弾として昨年の夏に発売された「N20」は、ヨーロッパを代表するブランドであるAKGらしい音楽性の豊かなサウンドに、洗練されたデザイン、スマートフォンを中心としたポータブルリスニングにマッチする機能性の高さが話題を呼ぶカナル型イヤホンだ。

音質に関してはこれまでファイル・ウェブに掲載されてきたレビューを参考にしていただくとして、今回はケーブルのインラインにマイク付きリモコンを搭載するバリエーションモデルの「N20U」にスポットを当てて、その実用性を中心に検証してみたい。

iOS/Androidどちらでも使えるリモコン付きイヤホンの使い勝手を試してみた


iOS/Android2台持ちのユーザーに朗報。
どちらの端末でも使える3ボタンリモコン付きイヤホン


自宅ではiPadで動画などを楽しみ、スマホはAndroidを使っているという方、あるいは社用携帯がiPhoneで、プライベートではAndroidを使うという“2台持ち”スタイルの方は多いのではないだろうか?

しかし、iOSとAndroidではリモコン信号が違うことから、ヘッドホン/イヤホンの3ボタンリモコンはどちらかのプラットフォームにしか対応できず、細かい操作ができないものが殆どだ。そのため、iOS/Androidデバイスを使い分けている方や、iPhoneからAndroidスマホ(あるいはその逆も)に買い替えたりした場合、今まで使っていたイヤホンのリモコンが使えなくなってしまう可能性もある。

筆者も先日、スマホをiPhoneからAndroidにチェンジしたのだが、やはりまだ音楽再生まわりではポタアンとの親和性の高さも含めてiPhoneの方が何かと便利。外出先で音楽を聴く場合もAWAの楽曲をiPhoneにキャッシュして使っているため、なかなか手放せずにいる。iOSとAndroidの両方でリモコンが正確に機能するイヤホンはずっと欲しいと思っていた。

そこでおすすめしたいのがAKGの「N20U」だ。本機はケーブルのインラインに搭載するマイク付きリモコンに、AndroidとiOSのコントロール信号を切り替えられるスイッチを設けたユニバーサル3ボタンリモコン仕様のイヤホン。つまり、スイッチひとつでiOS用にもAndroid用にも対応してくれるのだ。

AKG「N20U」

リモコンの片面に「i」と「A」の文字がプリントされた切り替えスイッチを搭載し、もう片側が3ボタンリモコンになっている。iOS端末で使う場合は「i」、Android端末で使う場合は「A」にセットする。

「i」と「A」の文字がプリントされたスイッチでiOS/Androidを切り替え

反対側は3ボタンリモコンになっている

iOSもAndroidもボタンの操作は共通なので、使う際に混乱することはない。中央のボタンをシングルクリックで再生/停止、マルチクリックで曲送り・曲戻しの操作に割り当てられていて、さらにその左右のボタンがボリュームの上下になる。

今回はXperia Z5 PremiumとiPhone 5sを使って実際の使い勝手を試してみたが、どちらのスマホでも、メインの音楽プレーヤーアプリ「ミュージック」では何の問題もなく快適に操作できた。3ボタンのクリック感がとても心地よく、マルチクリックによる曲送りも滑らかなのが特徴だ。

ただし、どうやらアプリによってコントロール信号に対する振る舞いが若干異なってくることもあるようだ。またAndroid固有の課題として、スマホの端末によってリモコン信号に対する振る舞いに微妙な違いもあるようだ。このあたりは販売店の店頭などで「N20U」の実機を確認できる機会があれば、今使っているスマホと接続して試してみるのがいいと思う。

外出先で実際に音を聴いてみた

前のページ 1 2 次のページ