「夏≠ヘッドホン」を覆す!AKGのポータブルヘッドホン3機種を電車内で使ってみた

ファイル・ウェブ編集部

前のページ 1 2 3 次のページ

2015年06月05日
これから夏に向けて、気温が上がっていく季節。「通勤/通学時用にもヘッドホンを使いたいけど、季節的にちょっと暑いかなあ…」と思っている方もいると思います。でもよくよく考えてみると、ヘッドホンを使うのは冷房の効いた電車のなかの方が多くないですか? そうしたら暑さは、あまり関係ないですよね。「日本の夏は高温多湿=ヘッドホンは向かない」、そんな偏見に真っ向から挑みたい! コンパクトに折りたためて持ち運べるヘッドホンなら、夏だって充分使って楽しめることを証明したい! ということで、今回は新人編集者・近藤がAKGのヘッドホン3機種を実際に電車内で使ってレポートします。



新人編集者・近藤が実際に電車のなかで使ってレポート!

今回ピックアップしたのは、オンイヤータイプの「Y40」と「Y50」、Bluetooth対応の「K845BT」という、個性の異なる3機種です。なんでこの時期に敢えてヘッドホン? イヤホンの方が持ち運びやすいし…と思う方もいらっしゃると思います。正直、僕もそう思います。でも、やっぱりヘッドホンにはイヤホンでは味わえない音の魅力、広がり感や迫力がありますよね。それにヘッドホンはデザインで選ぶ楽しさもあります。

梅雨の時期や夏場はちょっと暑そうと敬遠しがちなヘッドホンですが、実際に使うシーンを考えてみると、冷房が効いている場所が多いような気がします。そう考えると、気軽に持ち運んで使えるヘッドホンだったら、ヘッドホンらしい音質を楽しみつつ夏の音楽生活も充実させられると思います。


Y40 直販サイト価格¥6,380(税抜) >>製品詳細はこちら


「Y40」は、コンパクトでスタイリッシュ。個人的には3機種の中で一番好みのデザインです。コンパクトで軽いうえに折りたたみも可能。折りたたんで付属のポーチに入れてしまえば、持ち運んでも全く邪魔になりません。しかもこの付属ポーチのシンプルなデザインも好み。裏地が製品カラーに合わせたものになっているんです。重さは133g(本体のみ)。文庫本1冊(平均150g)よりちょっと軽いくらいです。

Y40はコンパクトに折りたたみ可能。付属のポーチは、裏地が製品カラーに合わせたものになっていてオシャレです

装着してみると、とても快適で長時間着けても大丈夫そうです! 本体が小さいので、頭を動かした時に落ちてしまわないか不安だったのですが、耳からずれることなくしっかりホールドされます。

持ち運びやすいサイズ感で鞄に放り込みやすいです

続いてY50/K845BTをレポート!

前のページ 1 2 3 次のページ