スマホ専用サイトも開設

オンキヨー&パイオニア、CATのサーマルカメラ搭載SIMフリースマホ「S60」

編集部:川田菜月
2017年08月30日
オンキヨー&パイオニアマーケティングジャパンは、同社の取り扱うCATブランドより、熱を視覚化できるサーマルイメージンカメラを搭載したSIMフリースマートフォン「S60」を10月中旬から発売する。価格はオープンだが、90,000円前後での実売が想定される。

CATのSIMフリースマートフォン「S60」

S60は、タフネス性能を備える建設機器メーカーCAT(キャタピラー)ブランドのAndroidスマートフォンの新モデル。フリアーシステムズのMSXサーマルイメージング技術を採用した、熱を視覚化できるサーマルイメージングカメラを搭載した点を特徴とする。

サーマルイメージンカメラを搭載

サーマルイメージングカメラは、専用のAndroidアプリ「MyFLIR for Cat S60」を使用することで、画面表示やサーマル撮影が可能。カメラ画素数はメインカメラが13メガピクセル、フロントカメラが5メガピクセル。メインカメラはLEDフラッシュを2基備えており、水中使用も可能。

従来同様、米国国防省規格“MIL-STD-810G”に準拠した高いタフネス性能を装備。高さ1.8mからのコンクリートへの落下試験をクリアしており、-25〜55℃の環境下でも使用可能。防水防塵性能はIP68に準拠しており、独自のウォータースイッチにより最大水深5mで60分の動作が可能。

ディスプレイには、解像度は1,280×720の4.7インチGorilla Glass ver.4を装備。高い透明度と強度を持ち、手袋のままで操作できる「Glove-On Working モード」や、濡れた指でも操作可能な「Wet-Finger Tracking モード」などで、様々な環境下でも快適に使用出来るとしている。

OSはAndroid 6.0 Marshmallow、APUにQualcomm MSM8952-3(4×1.5GHz + 4×1.2GHz)を搭載。SIMスロットはnano SIM×2。内蔵ストレージは32GB、RAMは3GB。外部メモリは最大128GBまでのmicro SDカードに対応する。

バッテリー容量は3,800mAh。Bluetoothはver.4.1、Wi-Fiは802.11 b/g/nを搭載。NFCにも対応する。その他、特定のアプリや動作を一回の操作で起動できるよう割り当てるショートカット機能“Programmable Key”の搭載や、防水非対応のカバーが開いた際に「警告アニメーション」を表示するなど、使い勝手にも配慮した設計を施している。

入出力端子は3.5mm 4極ヘッドホン出力、充電およびデータ転送入力兼用のMicro USB 2.0/OTG端子を装備する。外形寸法は73.4W×147.9H×12.66dmm、質量は223g。

また、オンキヨーグループの総合ホームページにおて、同社取り扱いのスマートフォン製品および関連するプレスリリース情報などをまとめた特設ページを開設した(HPはこちら)。

同社は今回発表したS60の他に、2017年2月にオーディオ技術を用いたハイレゾスマートフォン「GRANBEAT」を発売。また、5月からCATブランドの国内取り扱いを開始し、従来モデル「S40」を発売するなど(関連ニュース)、スマートフォン製品のラインナップを強化。今後の展開について、同社は「これから到来するAI/IoT時代に向けて、スマートフォンの通信技術とこれまで培ってきた音に対する技術を組み合わせて、新しい体験や価値を提供していきたい」としている。

関連記事