USB A端子向けのケーブルも同梱

アイ・オー、USB Type-Cケーブル付属のスリムな外付けブルーレイドライブ「BRP-UT6C」

編集部:成藤正宣
2017年08月23日
アイ・オー・データ機器は、USB Type-Cケーブルを同梱した横置き型ポータブルブルーレイドライブ「BRP-UT6C」を9月末から発売する。オープン価格だが、予想実売価格は14,800円前後。

BRP-UT6C(全3色)

USB3.0に対応しており、USBケーブル1本でバスパワー駆動が可能なスリムタイプのポータブルブルーレイドライブ。USB Type-C用と従来のUSB A端子用の2本のケーブルを同梱しており、新旧どちらのパソコンでもすぐ利用できる。

2種類のUSBケーブルを同梱する

BDXLや紫外線などで劣化しにくいM-DISCなど、幅広い種類のメディアの読み書きに対応。また本製品の購入者は、再生ソフトの「WinDVD」、書き込みソフト「B's Recorder14」、ハイレゾ対応サウンドプレーヤーソフト「CurioSound for I-O DATA」を無料でダウンロードできる。

カラーバリエーションはホワイト/ブラック/レッドの全3色。外形寸法は約136W×14.6H×146Dmm。質量約240g。

関連記事