OSはAndroid 7.0

ZTE、撮影後でもピント変更できるデュアルカメラ搭載スマホ「BLADE V8」。34,800円

編集部:川田菜月
2017年05月22日
ZTEジャパン株式会社は、デュアルカメラ搭載のスマートフォン「ZTE BLADE V8」を5月25日から発売する。価格は34,800円(税抜)。

「ZTE BLADE V8」

背面に1,300万画素のメインカメラと200万画素のサブカメラを搭載。サブカメラが奥行きの情報を記録すること美しいボケ効果を実現し、一眼レフカメラのマクロモードで撮影されたような写真表現も可能にするとしている。また、リフォーカス機能(F1.0〜F8.0)により、撮影後にピント位置やボケ効果の調整も可能。フロントにも1,300万画素カメラを搭載する。

「マニュアル」「パノラマ」「美肌加工」「スーパーナイト」「長時間露光」「オーバーレイ」「タイムラプス」「スローモーション」の8種の撮影モードを搭載。マニュアルモードでは、シャッター速度/ISO/露出補正/ホワイトバランス/ピントなど、本格的な調整も可能。3D写真の撮影にも対応し、製品の外箱はゴーグルとして使用することもできる。オートHDR機能により逆光や暗い場所でも手軽に撮影できるとしている。

液晶は5.2インチのフルHD(1,920×1,080)IPSディスプレイを搭載。本体正面下部に指紋センサーを装備。スリープ状態から最短0.3秒でロック解除が可能となる。

デュアルSIMデュアルスタンバイ(DSDS)にも対応。MVO/MVNOや4G/3Gの同時待ち受けが可能で、カードスロットは1つがnano SIM、もう一つがmicroSD または nanoSIMを装着できる。

OSはAndroid 7.0 Nougat、CPUはQualcomm Snapdrago 435 MSM8940 OctaCore(1.4GHz×4+1.1GHz×4)を搭載。UIはオリジナルの「MiFavor」を採用する。Bluetoothはver 4.1、Wi-FiはIEEE802.11 b/g/n、VoLTEにも対応。内蔵メモリは3GB、ストレージは32GB、外部メモリはmicro SDXC(最大128GBまで)に対応する。

バッテリー容量は2730mAh。カラーはミッドナイトグレー/シャンパンゴールドの2色をラインナップする。外形寸法は約71.5W×148.4H×7.9Dmm、質量は約141.6g。

関連記事