実売5万円前後

CAT(キャタピラー)のタフネスSIMフリースマホ、オンキヨー&パイオニアが発売

編集部:小野佳希
2017年05月12日
オンキヨー&パイオニアマーケティングジャパンは、防水性や耐衝撃性などのタフネス性能を特徴にするCATブランドのSIMフリースマートフォン「S40」を5月下旬に発売する。オープン価格だが5万円前後での実売が予想される。

S40

建設機器メーカーCAT(キャタピラー)のブランドを冠するAndroidスマートフォンの国内での取扱を開始。Android 5.1を搭載し、ディスプレイはGorilla Glass Ver.4を採用した解像度960×540の4.7インチ IPSパネル。 内蔵ストレージ容量は16GBで、RAMは2GB。最大64GBまでのmicro SDを使用可能。SIMサイズはnano SIMで、SIMスロットを2基装備している。

最大の特徴はタフネス性能。米国国防省規格“MIL-STD-810G”に準拠し、高さ1.8mからのコンクリートへの落下試験をクリアしている。また防水性能では、水深1mに60分間浸しても起動可能であることや粉塵の侵入を完全に防護するなど、高い防水・防塵性能を示す国際的な防水・防塵規格“IP68”に準拠している。耐低温・高音性能にも優れ、-25〜55度の環境で使用できる。

直射日光下でもクリアな視認性を確保するという高効率ディスプレイを搭載。手袋のままでの使用に対応する“Glove-On Workingモード”や、濡れた指での使用に対応する“Wet-Finger Tracking技術”などで、さまざまな環境での使用を考慮している。

バッテリー容量は3,000mAh。そのほか特定のアプリや動作を割り当て、一回の操作で起動できるショートカットキー“Programmable Key”を装備している。

カメラ画素数はメインカメラが8メガピクセルで、サブカメラが2メガピクセル。そのほかBluetoothおよびNFCにも対応している。

関連記事