VRコンテンツやネットワークサービスを拡充

「PS4」の世界実売台数が6,040万台に到達、1週間の利用時間は6億時間超

編集部:押野 由宇
2017年06月13日
ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)は、同社が販売する「プレイステーション4(PS4)」の全世界での累計実売台数が6,040万台に到達したことを発表した。

プレイステーション4

PS4の合計利用時間は1週間で平均6億時間を超え、PS4向けソフトの実売本数は、販売店および「プレイステーションストア(PS Store)」の累計が、6月11日(日)時点で4億8,780万本を突破した。

また「プレイステーションネットワーク」の月間アクティブユーザー数は7,000万に達し、有料会員サービスの「プレイステーションプラス(PS Plus)」の有料会員数は2,640万人を超えた。

同社の社長兼グローバルCEOであるアンドリュー・ハウス氏は「今年度はPS4のパワーを最大限に生かした個性豊かなタイトルの数々が満を持して発売されます。これら期待のタイトル群に加え、PlayStation VRコンテンツやネットワークサービスなどの拡充を通じて、PS4のエコシステム全体を益々充実させてまいります。今後も、PS4がお届けする最高のエンタテインメント体験に是非ご期待ください」とコメントしている。

関連記事