「HERO5 Black」とのセットは158,000円

GoPro初のアクションカム向けドローン「Karma」、6月2日に12万円で国内発売

編集部:川田菜月
2017年05月29日
GoProは、同社初のドローン「Karma」を6月2日から発売する。価格はKarma本体が120,000円(税抜)、アクションカメラ「HERO5 Black」とのセットが158,000円(税抜)となる。

GoPro初のドローン「Karma」

Karmaは折りたたみ可能な同社初のドローン製品。付属のケースに収納し、バックパックなどに入れて手軽に持ち運ぶことができるコンパクトなサイズを特徴とする。2016年10月に米国にて発売されており、今回日本向けに発売が決定したかたち(関連ニュース)。

操作には5インチのタッチパネルを備えた専用コントローラーを使用。リアルタイムに装着したHEROの映像を確認することができる。質量は625g。

手持ちや車両などに取り付けての撮影が可能となる、スタビライゼーショングリップ「Karma Grip(関連ニュース)」も同梱する。

最高速度は15m/s、最大飛行距離は3,000m、最大飛行高度は10,500ft(3,200m)となる。リチウムバッテリーを内蔵し、フライト時間は最高20分。

本体の外形寸法は、折りたたんだ状態で224.3W×365.2H×89.9Dmm。プロペラの長さは25.4cmとなる。質量は1,006g。付属ケースの外形寸法は540W×320H×150Dmm。

関連リンク

関連記事