今後新刊販売も取り扱い予定

本/CD/DVD/BDに特化したフリマアプリ「メルカリ カウル」が登場

編集部:小澤 麻実
2017年05月08日
フリマアプリ「メルカリ」の姉妹アプリとして、本やCD、DVDに特化した「KAURU(カウル)」がリリースされた。現在ラインナップは無料のiOSアプリのみ。Android版は開発中で、6月の提供を予定しているとのこと。


メルカリ カウルは、メルカリ内でも取引が活発な本やCD、DVDに特化し使い勝手を向上したもの。出品は無料で、会員登録料やカード手数料なども不要。ただし商品が売れた際は手数料として販売価格の10%が引かれる。また、貯まった売上金額から1万円未満を引き出す場合は、手数料として210円がかかる。

本・CD・DVD/Blu-rayのバーコードにアプリをかざすだけで簡単に商品登録・出品が可能。相場価格も表示されるため、売れやすい価格設定も簡単だという。購入履歴からの出品も可能で、買って読み終わった本をすぐに売るということもできる。

アプリの利用イメージ

カウルに出品された商品はメルカリにも同時出品されるため、売れやすい状態になるとのこと。また、メルカリと連携することで、取引の際にメルカリでの過去の取引評価を確認したり、「らくらくメルカリ便」を選択してお互いの住所や名前を知らせず取引したりすることもできる。

購入したい商品を探す際は、売れ筋ランキングを見たりフリーワード検索やカテゴリ検索、バーコード検索などを利用可能。同じ商品の価格比較もできる。気になる商品に「いいね」すると、最安値更新時にプッシュ通知する機能なども用意している。

5月8日から31日まで、オープニング記念キャンペーンも実施。メルカリ カウルを使って本・CD・DVD/ブルーレイを出品すると、メルカリ上で商品1点につき20円分(2017年以降発売の商品については40円分)のメルカリポイントが付与される。付与ポイントは一人につき最大2,000ポイントまで。

メルカリ カウルでは今後中古商品だけでなく、新刊の販売も行う予定だという。

関連記事