おもちゃの域を超えたテクノロジーの塊

【動画】タチコマと会話もできる。“うごく、しゃべる、並列化する” 1/8タチコマをレポート

編集部:押野 由宇
2017年03月23日
(株)Cerevoは本日、アニメ『攻殻機動隊 S.A.C』シリーズに登場する小型多脚戦車「タチコマ」を1/8スケールで再現した、「うごく、しゃべる、並列化する。1/8 タチコマ(以下、1/8 タチコマ)」の発表会を実施(関連ニュース)。

会場では最終に近い試作機が展示され、実際に動く様子を確認できた。製品名にもあるように、“うごく”、“しゃべる”、“並列化”することが「1/8 タチコマ」の特徴。4本の脚部による車輪走行はスマートフォンのアプリからラジコンのように操作でき、さらにアプリ上にはタチコマの環境センサーの映像がリアルタイムに表示される。


インターネットとの連携機能により、天気情報やスケジュールなどをしゃべってくれる。もちろん声は玉川紗己子のもので、録り下ろし+素材をもとにした合成音声により会話が行える。


さらに「1/8 タチコマ」の特徴は、作中での“並列化”を現実のものとした点。音声認識、意図解釈、音声合成、画像認識といった技術により、タチコマたちはサーバーに情報を蓄え、学習した知識を披露していく。会場ではデモンストレーションとして「1/8 タチコマ」にりんごを認識させようとしたが、環境センサーが周りの記者を認識して「人だよ」と答えたものの、その並列化が実践できた。


製品が発売され、購入者がタチコマに色々な情報を教えていけば、さらに思いもよらないキーワードが飛び出すはずだ。原作の登場人物について質問する、といったことで面白い反応も返ってくるだろう。

本日より公式サイトにて予約が開始され、6月出荷予定。価格は通常版が157,400円(税抜)、各所にアルミ削り出しのメタル・パーツを使用した限定生産のSPECIAL EDITIONが177,400円(税抜)。

関連記事