テクニクス小川氏の著書「音の記憶 技術と心をつなげる」発売

編集部:小野佳希
2017年02月28日
パナソニック役員でテクニクス事業推進室長である小川理子氏の著書「音の記憶 技術と心をつなげる」が発売された。価格は1,350円(税抜)。


松下電器(当時)への入社からテクニクス復活への道程、そして次世代へのメッセージを綴った手記。松下電器の音響研究所に配属され、様々な技術・商品を開発するもプロジェクトは解散。失意の中で始めたジャズ・ピアノで世界的な評価を受けプロデビューのオファーも届くなか、日本に残る決断を下した小川氏は、いかにしてテクニクスを復活させたのか? 全14章・232ページでその道程が綴られている。

出版元は文藝春秋。公式サイトで内容の詳細が公開されている。

関連リンク

関連記事