5月2日。会場はロームシアター京都

映画「ゴジラ」を生オーケストラの演奏で楽しめる「ゴジラ音楽祭 in 京都」開催

編集部:小澤 麻実
2016年02月03日
日本センチュリー交響楽団は、生オーケストラによる演奏で映画「ゴジラ」全編上映を楽しめる「ゴジラ音楽祭 in 京都」を5月2日(月)に開催する。会場はロームシアター京都。


同演奏会は過去2回東京で開催され好評を博したもの。関西では初開催となる。伊福部 昭が作曲した映画「ゴジラ」(1954)の音楽を、伊福部氏の愛弟子である和田 薫氏が全て譜面に書き起こし、それを生オーケストラが演奏しながら映画本編の上映を楽しめる。映画は音声部分を除いてデジタルリマスターを施したものとのこと。映像と演奏を合わせるのは非常に難しいため、指揮は作品を熟知した和田氏自らが行う。

演奏会にはトークゲストとして、平成ゴジラシリーズの監督・脚本を手掛ける大森一樹氏も登場。初代ゴジラから脈々と受け継がれる“ゴジラスピリッツ”を語るほか、伊福部 昭「SF交響ファンタジー 第三番」の演奏も行われる。

席はS席(7,500円)/A席(6,000円)/B席(5,000円)に加え、映像的にも音楽的にも良い席として「SS席」(10,000円)も用意。SS席のチケットを購入すると、特典として、京都の名産品である七味屋本舗の七味とオリジナルゴジラ足型スタンドのセットがプレゼントされる。

SS席には特典として七味&オリジナルゴジラ足型スタンドがプレゼント

チケットは2月3日から発売。なお、未就学児の入場は不可となっている。


ロームシアター京都オープニング記念事業
ゴジラ音楽祭 in 京都 〜伊福部 昭 没後10年に寄せて〜


・日時:平2016年5月2日(月)18:00開演 17:00 開場
・会場:ロームシアター京都 メインホール
・指揮:和田 薫
・管弦楽:日本センチュリー交響楽団
・合唱:大阪センチュリー合唱団
・ゲスト:大森一樹(大阪芸術大学教授)

・チケット販売:センチュリー・チケット・サービス
 http://www.century-orchestra.jp/ticket/
 他 各プレイガイド(SS席の販売はセンチュリー・チケット・サービスのみ)

関連記事