「歴史的転換点」とアピール

ソフトバンク、感情認識機能搭載ロボット「Pepper」を'15年2月発売、198,000円

ファイル・ウェブ編集部
2014年06月05日

パーソナルロボット「Pepper」
ソフトバンクグループは本日、記者説明会を開催。同グループが今後、ロボット事業に参入し、パーソナルロボット「Pepper」を発売することを発表した。来年2月に発売する。価格は198,000円。

ソフトバンクモバイル(株)と仏ALDEBARAN Robotics SASが共同で開発した人型ロボット。外形寸法は485W×1,210H×420Dmm、質量は28kg。様々なセンサーで状況を判断し、アプリケーションを自律制御する独自のアルゴリズムを搭載した。OSは「NAOqi OS」。

センサーを使って人間の表情や声を読み取り、感情を認識する機能を搭載している。またインターネット接続機能としてWi-Fi(IEEE802.11a/b/g/n、イーサネット)を備え、クラウド上で動作する「感情認識エンジン」を利用することが可能。各家庭にあるpepperが収集したデータをクラウドに集め、解析することで、「集合知」を高め、認識能力をさらに高めることができるという。もちろんプライバシーにも配慮するとしている。

動作についても、独自開発の関節技術により、自由度の高いスムーズな動きを実現。可動部は頭2、肩2×2(L/R)、肘2×2(L/R)、手首1×2(L/R)、手1×2(L/R)、腰2、膝1、ホイール3で、モーターは計20個を搭載している。

可動部を多数備えるため、「ウェーブ」のような動きも可能だ

センサー類も豊富に装備。頭部にマイク×4、RGBカメラ×2、3Dセンサー×1、タッチセンサー×3を搭載。胸部にジャイロセンサー×1、手部にタッチセンサー×2、脚部にソナーセンサー×2、レーザーセンサー×6、バンパーセンサー×3、ジャイロセンサー×1を搭載している。

タッチ操作が可能なディスプレイ部は胸部に備え、画面サイズは10.1インチとなる。

二足歩行は出来ないが、最大3km/hで移動可能。最大1.5cmの段差も移動できる。さらにセンサーで衝突を回避する機能や、転倒を防ぐオートバランス機能など、さまざまな安全機能を備えている。バッテリーはリチウムイオンで、容量は30.0Ah/795Wh。12時間持続する。

機能が進化することも特徴で、新ソフトやさまざまな「ロボアプリ」をインストールすることで機能の拡張に対応。また、幅広い対応が可能なソフトウエア開発キット(SDK)も提供し、開発者の参加を呼びかける。この秋にはテックフェス(仮称)を開催して開発者への情報提供、情報交換の場を設けるほか、アルデバランはパリと表参道、秋葉原にアトリエをオープンする。

秋にはテックフェス(仮称)を開催する

孫代表「きょうが歴史的な転換点」

本日の記者会見に登壇した同グループ代表の孫正義氏は、「きょうが100年後、200年後、300年後の人々が振り返ったときに、歴史的な転換点だと認識してもらえる日になると思う。ロボット開発を行うことを表明したいと思い、みなさんに集まってもらった」とコメント。さらに、「ロボットに、世界で初めて感情を与えることに挑戦する」と語り、「その第1号となるであろうロボット」として「Pepper」を紹介した。

Pepper。孫代表やゲストと軽妙な掛け合いを見せた

Pepperと孫代表

仏アルデバラン社のブルーノCEOは、同社が数十年間にわたってロボット開発を続けてきたことを紹介。Pepperについては「声の調子や表情などを見て感情を認識し、喋るときはジェスチャーを組み合わせて表現力豊かに会話する」とアピール。さらに、進化し続けることも大きなポイントとした上で、開発者の積極的な参加を呼びかけた。「PepperはPCや携帯電話が変化をもたらしたように、生活に新たな側面を与える」と可能性の大きさをアピールした。

仏アルデバラン社のブルーノCEO

Pepperの製造は、iPhoneなどの製造で有名な台湾FOXCONNが請け負う。記者会見にはFOXCONNの会長兼CEO、テリー・ゴウ氏も登壇。ゴウ氏は「Pepperは孫さんのベイビー。今回、ロボット業界の革命に参加できて嬉しい。心がなければ、感情がなければロボットはロボットのままだが、Pepperはそうではない」と、その出来映えを高く評価した。

FOXCONNの会長兼CEO、テリー・ゴウ氏

豪華なゲストも登壇して盛り上げた

関連リンク

関連記事