ドコモ、板チョコデザインのスマホをバレンタインデーに発売

ファイル・ウェブ編集部
2012年02月07日
NTTドコモは、アクセサリーブランド「Q-pot」とのコラボモデル第3弾として、板チョコデザインのスマートフォン“Q-pot. Phone”「SH-04D」を、2月14日のバレンタインデーから、限定50,000台で発売する。

“Q-pot. Phone”「SH-04D」

ドコモのサイトでは「おいしいコミュニケーション スウィートでスマートなチョコレート by Q-pot.」と本機を紹介している。視覚的なデザインだけでなく、手に持った触感まで楽しめるよう工夫したという。

ワイヤレス充電器も凝っており、チョコレートをアクリルケースに閉じ込めたようなデザインを採用。名称は「CHOCOBED」だ。

ワイヤレス充電器「CHOCOBED」

ディスプレイは3.7インチの液晶で、解像度はQHD(540×960ピクセル)。約800万画素のカメラを内蔵している。

カメラは外側のみに備え、画素数は約800万画素。HDムービー撮影も可能。また防水(IPX5/7)にも対応している。

Androidのバージョンは2.3で、メモリはROMが2GB、RAMが512MB。プロセッサーにはMSM8255(1GHz)を搭載した。

関連記事