Android 2.2搭載

ソフトバンク、裸眼3Dスマホ「GALAPAGOS 003SH」発売日を12月17日に決定

ファイル・ウェブ編集部
2010年12月10日
ソフトバンクモバイル(株)は、シャープ製の裸眼3D対応スマートフォン「GALAPAGOS 003SH」の発売日を12月17日に決定した。

「GALAPAGOS 003SH」

OSにはAndroid 2.2を採用。ワンセグやおサイフケータイ、赤外線、デコレメなど、日本独自の機能にも対応している。

視差バリア方式による裸眼3D立体視に対応した、3.8型の液晶ディスプレイを搭載。解像度は、2D表示の場合は800×480ピクセルで、3D表示の際は横方向の解像度が半分になる。縦持ちでも横持ちのどちらでも3D表示が可能。

本体には静止画や動画の2D-3D変換機能を装備。既存の2Dコンテンツを3Dで楽しめる。また、シャッターボタンを押しながら本体を横方向に移動させることにより、背面のカメラで3D写真を撮影することも可能。カメラ部の撮像素子は、003SHが約960万画素のCCD、005SHが約800万画素のCMOSとなる。

3Dゲームや3D映画の予告編などもプリインストールされている。3Dゲームは「バイオハザードディジェネレーション」や「ロックマン」「モバイル・パワフルプロ野球3D」などが、3D映画は「シュレック フォーエバー」「バトル・ロワイアル 3D」などが購入した直後から楽しめる。