RX10シリーズ初のファストハイブリッドAF搭載

ソニー、高級コンデジ“RXシリーズ”に動体撮影能力大幅強化の600mm望遠機「RX10 IV」

編集部:小野佳希
2017年09月13日
ソニーは、高級コンパクトデジタルカメラ“Cyber-shot RX10シリーズ”の新モデルとして、シリーズ初のファストハイブリッドAF搭載で0.03秒の高速AFなど動体追従性能を大幅に向上させた“RX10 IV”「DXC-RX10M4」を10月6日に発売する。9月20日より受注を開始し、19万円前後での実売が予想される。

DSC-RX10M4

24mm-600mm(光学25倍)の超望遠ズームレンズなどを従来から引き継ぎつつ、新センサーの搭載やα9のAFアルゴリズム活用などによって、0.03秒の高速AFを実現するなど性能を強化。AF速度は1.0型センサー搭載レンズ一体型カメラとして世界最速を実現させた。

機体天面

600mmズームレンズを搭載

シリーズで初めて位相差検出方式AFセンサーを搭載した有効約2010万画素のメモリ一体1.0型積層型CMOSセンサー“Exmoer RS”を採用。また、画像処理エンジン“BIONZ X”も進化。フロントエンドLSIとの組み合わせでRX10 III比で1.8倍高速化し、イメージセンサーの高速読み出しを最大限に活用できるようにしたという。

液晶モニターおよび各種操作ボタン類

315点像面位相差AFセンサーにより65%と広いAFカバー範囲も実現。また、サイバーショットとして初めて高密度AF追従テクノロジーを搭載し、動体への高精度な追従性能を実現させたとしている。なおモニターは約144万ドットとスペックも向上させている。

3.0型で可動式の液晶モニターには、新たにタッチパッド機能とタッチフォーカス機能を追加。タッチパッド機能ではファインダーをのぞきながらでもフォーカス位置を移動でき、タッチフォーカスでは静止画時にフォーカス位置をタッチで瞬時に選択できるだけでなく、動画撮影時にも直感的な操作で品位あるピント送りができるとアピールしている。

モニターはチルト対応

「瞳AF」の検出精度・速度・追従性能も大幅に向上。また、使用頻度の高いフォーカス枠の位置を予め登録しておきカスタムキーから簡単に呼び出せる「フォーカスエリア登録機能」を新たに搭載した。

さらに、あらかじめ登録した撮影設定値(露出、フォーカス設定、ドライブモードなど)をカスタムボタンから一時的に呼び出せる「押す間カスタム設定呼び出し」機能も新搭載。加えて、カメラのボジション(横位置/縦位置)ごとにフォーカスエリアとフォーカス枠の位置を使い分けるかどうかを設定できる「縦横フォーカスエリア切換」機能も新たに搭載した。

本体には、カメラから3m-∞の範囲にいる被写体のみピントを合わせる設定が可能な「フォーカスレンジリミッター」を新搭載。スタジアムスポーツでフェンス越しに撮影するシーンなどでの対応力を向上させている。

「AF-ON設定」機能も新搭載。同機能をAELボタンなどに割り当てておき、静止画撮影時にAFによるピント合わせを行える。さらに、AF-Aモードも新たに搭載した。

フォーカスレンジリミッターを搭載

連写性能も向上し、AF/AE追従で最高約24コマ/秒で最大249枚の連続撮影に対応。ファインダーも表示システムを高速させ、撮影中の表示タイムラグを大幅に低減しブラックアウトしづらく、遅れの少ないスムーズな映像を実現させたとしている。なおファインダーは235万ドット相当の有機ELファインダー「XGA OLED Tre-Finder」を搭載している。

また、連写撮影画像のグルーピング表示にも新たに対応。連写したグループごとに表示できるようして一覧性を向上させた。

補正効果4.5段分の光学式手ブレ補正機能を搭載。数値としてはRX10 IIIと同じだが、アルゴリズムの見直しなどにより補正効果を高めているという。

そのほか、電子シャッターを使用することでシャッター音を出さずに撮影できるサイレント撮影機能や、高速で動く被写体も歪みにくいアンチディストーションシャッターなども引き続き搭載している。

動画撮影は引き続き4Kにも対応し、4K記録フォーマットには高ビットレートのXAVC Sを採用。ファストハイブリッドAFは動画撮影時にも利用でき、従来比2倍の高速AFを実現させている。

プロキシー記録などプロフェッショナル用途向けの機能も搭載。低ビットレートプロキシー動画を同時に記録することで撮影後の確認や編集時の負担を減らせるよう配慮したほか、ピクチャープロファイル、S-Gamt/S-Log2/S-Log3、ガンマ表示アシスト、ゼブラ進化等も搭載している。

そして、スーパースローモーション撮影機能も性能向上。画質優先時で最長4秒、撮影時間有線で最長7秒へと撮影可能時間が伸びた。前述のプロキシー記録対応によってスマートフォンへの転送もできる。

UIも進化させ、よく使うメニュー項目を最大30個までカスタマイズ登録しておけるマイメニュー登録機能を新搭載。そのほかでもUIやメニュー画面の操作性が向上するように改善を加えている。

レンズ部分には、フォーカス・ズーム・絞りの三連レンズリングをを搭載。絞りリングには新たに下側にも凹凸を配置し、どのように構えたときでもしっかりと指がかかるように配慮した。そのほか、マニュアルフォーカス時などにピントが合った部分の輪郭を指定した色で強調するピーキング機能の精度も向上させている。

アプリ「PlayMemories Mobile」をインストールしたスマートフォンとの連携では、スマホ側のGPSで取得した位置情報をBluetooth経由で取得することに新たに対応。なおWi-Fi/NFC/QRコード等にも引き続き対応している。

関連リンク

関連記事