機能強化しコンパクトさはキープ

キヤノン、上位機とほぼ同等機能の新エントリーミラーレス一眼「EOS M100」

編集部:小野佳希
2017年08月29日
キヤノンは、コンパクトボディに上位機同等の機能を搭載したミラーレス一眼カメラ新エントリー機「EOS M100」を10月上旬に発売する。ホワイト/ブラック/グレーの3色を揃え、直販サイトではボディ単体を53,500円(税抜)で販売する。

EOS M100(ホワイト)


EOS M100(ブラック)

EOS M100(グレー)

また、15-45mmレンズキット(68,500円)、ダブルレンズキット(82,500円)、ダブルズームキット(91,500円 ※すべて直販価格)も用意。デザインを着せ替えられる専用ケース“フェイスジャケット”全9種類も用意している。

9種類の着せ替えジャケットを用意

従来機「EOS M10」並のコンパクトなボディに、上位機「EOS M6」「EOS M5」とほぼ同等のスペックを搭載した点が大きな特徴。「M10から大幅進化を遂げた新エントリー機」としている。

画像エンジンは、M10のDIGIC 6から今回DIGIC 7に進化。撮像素子はAPS-CサイズCMOSで、有効画素数がM10の約1,800万画素から約2,420万画素へと増えた。AFも「ハイブリッドCMOS AF II」から「ディアルピクセルCMOS AF」になったほか、常用最高ISO感度も12800から25600へと向上している。

シャッターボタン類

連写性能もAF固定時で秒間約4.6コマから約6.1コマに、AF追従で約2.2コマから約4.0コマへと機能向上。動画撮影もM10では30pでのフルHDだったところから、今回のM100では60p撮影に対応した。

さらに、ネットワーク機能ではM10のWi-Fi/NFC対応に加え、新たにBluetooth LEにも対応。「Camera Connect」アプリをインストールしたスマートフォンとの連携において、カメラ本体の電源オフ状態でもBluetooth LEによって常時接続しておくことが可能。また、スマホ側のGPS機能を使って写真に位置情報を記録する連携においても、Bluetoothによりカメラへ位置情報をレリーズに対応して常時送信できるようにもなった。

端子類やSDカードスロット

このように、エントリー機でありながら画素数とAF機能、ISO感度や動画撮影などの各機能は「EOS M6/M5」と同等に強化。その一方で、本体サイズは108.2W×67.1H×35.1Dmmと「M10」からほぼ変わっておらず、M6やM5よりもコンパクトなサイズを実現している。

液晶モニターは3.0型でタッチ操作に対応。上に約180度チルトし、セルフィーやローアングル撮影がしやすいようにも配慮している。

液晶モニターは180度チルト対応

そのほか撮影補助機能「クリエイティブアシスト」も機能強化。ホワイトバランスを調子する「色合い」項目が、従来の「色合い1(ブルー/アンバー)」に加えて「色合い2(マゼンタ/グリーン)」も追加された。
新着記事を見る
  • ジャンルデジタルスチルカメラ/静止画編集
  • ブランドCANON
  • 型番EOS M100
  • 発売日2017年10月上旬
  • 価格¥OPEN(直販サイト価格53,500円/ボディ単体)
15-45mmレンズキット(直販68,500円)/ダブルレンズキット(直販82,500円)/ダブルズームキット(直販91,500円)

関連記事