同社初のバリアングルモニター搭載フルサイズ一眼

キヤノン、フルサイズ一眼エントリー機「EOS 6D Mark II」。フルモデルチェンジで性能大幅向上

編集部:成藤正宣
2017年06月29日
キヤノンは、フルサイズデジタル一眼レフカメラの新機種「EOS 6D Mark II」を8月上旬から発売する。オープン価格で、直販サイトではボディのみが225,000円(税抜)。レンズキット2種とバッテリーグリップを同時発売する。

「EOS 6D Mk II」

EOS 6D Mark II
 ・ボディー ¥OPEN(直販価格¥225,000/税抜)
 ・EF24-70 F4L IS USM レンズキット ¥OPEN(直販価格¥327,000/税抜)
 ・EF24-105 IS STM レンズキット ¥OPEN(直販価格¥269,000/税抜)
 ・バッテリーグリップ「BG-E21」 希望小売価格¥22,000(税抜)

「EOS 6D」の後継機で、同社のラインナップ中ではフルサイズデジタル一眼レフのエントリーモデルに位置づけられる。同社のフルサイズデジタル一眼としては初めて、バリアングルの104万画素/3.0型タッチパネル液晶モニターを搭載した。それによって構造が複雑化しつつも質量は前機種から5gしか変わらない685gに抑えている。

「EOS 6D」から大幅にスペックアップ

「EOS 6D」に比べカタログスペックが大幅に進歩を遂げている。映像エンジンは最新の「DICIC 7」。センサー画素数は2,620万画素、静止画ISO感度は40000で、高感度でも低ノイズな、高精細の撮影が可能だとしている。ジャイロセンサーを活用した電子手ぶれ補正を搭載しており、レンズ側の手ぶれ補正と組み合わせることも可能。WiFi、Bluetooth、NFC、GPSも追加されている。内部の隙間を埋めるよう部品が高精度化され、本体各所にシーリング材を組み込んであるため、防塵防滴性能も備えている。

フルサイズモデルには初搭載のバリアングルモニター

「EOS 6D Mk II」上面

オートフォーカスは45点のオールクロスセンサーによって被写体の捕捉性能が高い上、7,560画素の測光センサーによって人の肌色を優先フォーカスする色検知AF、Dual Pixel CMOSによる像面位相差AF、動きの予測しづらい被写体に向けたスムースゾーンAFといった、多様なAFを搭載する。液晶モニターによるライブビュー撮影時は、被写体を5〜10倍に拡大した上で厳密なピント合わせを行う拡大ライブビューAFが使用できる。

動画は最大で1,920×1,080のフルHD/60pの通常撮影ができる他、一定間隔で撮影した静止画を繋げて作成するタイムラプス動画を4K/30pで撮影可能。通常動画はMP4、タイムラプス動画はMOV形式で記録される。AF範囲に入った被写体への反応速度や、ピント合わせの速度を個別に設定することが可能。

左側面にHDMI、USB、MIC、リモコン各端子を備える。

「EOS 6D」から利便性を高めるため、自動AEロックを測光モードごとに設定できるようになった、マニュアルモード・ISOオート設定の時、シャッター速度で露出を調整しきれなかった場合ISO値でも調整するようになった、電源オフ時に露出補正をリセットできるようになった等、ソフトウェア面でも仕様変更が行われている。

右側面にはSDカードスロット

その他、歪みや回析による画質低下を補正する「レンズ光学補正」、人工照明下の撮影において起きる露出や色のバラツキを抑える「フリッカーレス撮影」、どの設定で何が変わるのか、設定項目を初心者にわかりやすいグラフィックで表示する「ビジュアルガイド」、一定間隔をあけるインターバル撮影やバルブ撮影の露光時間をあらかじめ指定できる「インターバルタイマー」「バルブタイマー」といった機能を搭載する。

ボディの外形寸法は約144×110.5×74.8mm、質量約685g。
新着記事を見る
  • ジャンルデジタルスチルカメラ/静止画編集
  • ブランドCANON
  • 型番EOS 6D Mk II
  • 発売日2017年8月上旬
  • 価格¥OPEN(ボディ直販価格¥225,000/税抜)
【SPEC】●有効画素:約2620万画素 ●ISO感度:100〜40000 ●AFセンサー:最大45点 ●シャッター速度:1/4000〜秒 ●モニター:3.0型/104万画素バリアングルタッチパネル液晶 ●対応動画サイズ:1920×1080(通常動画)、3840×2160(タイムラプス動画) ●外形寸法:約144W×110.5H×74.8Dmm ●約685g

関連記事