カメラ本体関連の展示をレポート

<CP+>ニコンが100周年記念モデル参考展示/フジの中判カメラ「GFX 50S」など発売前新製品が多数

編集部:小野佳希
2017年02月23日
カメラの総合展示会「CP+」が開幕。本稿では、ニコンの100周年記念モデル参考出展など、カメラ本体関連の展示を中心にレポートする。


カメラ本体関連では、4月発売予定のキヤノン「EOS 9000D」「EOS M6」「EOS Kiss X9i」を発売前に試すことができるなど、新モデルを中心に各社が趣向を凝らしたタッチアンドトライコーナーを展開。女性モデルのポートレート、スポーツ選手での動体撮影、暗所撮影など様々な撮影スペースが展開されている。

EOS 9000D

またニコンは、「Nikon D5」「Nikon D500」やレンズで、同社創立100周年記念の「100th Anniversary Edition」を参考展示。記念ロゴを入れるなどした特別機だが、発売するかどうかは今後の反応を見て検討するとのことだった。

Nikon D5 100th Anniversary Edition

パナソニックは「LUMIX GH5」のタッチアンドトライを大きく展開。同機で撮影した4K 60p動画や4:2:2 10bit動画をVIERAで上映するデモなども行っている。

LUMIX GH5の分解モデル展示なども

ソニーのブースでは“α”シリーズ各種や、4Kハンディカム「FDR-AX55」などを体験可能。“CineAlta”「F65」がハリウッド映画の撮影に採用されていることや、「α7SII」が国際宇宙ステーション(ISS)日本実験棟「きぼう」船外設置カメラシステムの内蔵カメラとしてJAXAに採用されたことなど、同社カメラが高い評価を集めていることもアピールしていた。

「きぼう」の船外カメラとしてα7sIIが採用

また、フジフイルム「GFX 50S」やペンタックス「PENTAX KP」、オリンパス「OM-D E-M1 Mark II」、世界初のミラーレス中判デジタルカメラであるハッセルブラッドの「X1D」なども体験可能。フジフイルム「GFX 50S」は、プレスや招待者のみしか入場できない時間帯でも40分待ち、一般来場者も入場可能になった直後で60分待ちという列ができるほどの人気だった。

ハッセルブラッド「X1D」

そのほか、パナソニック「GF9」の“4Kセルフィー”、カシオ「EXILIM EX-FR100L」などの、自分撮りに関する展示もあった。

カシオは人気インスタグラマーを起用しての解説パネルも

さらにカシオは、FRシリーズに可視光と遠赤外線レンズモジュールを搭載したモデルを参考出展。「市場投入するかどうかも未定」(同社スタッフ)とのことだったが、来場者から「競馬場で出走馬の状態をチェックするのに使えそうだ、など面白い意見もいただいた」という。

赤外線内蔵モデルを参考出展

関連リンク

関連記事