Wi-Fiも内蔵

パナソニック、新開発レンズ/ファインダー搭載の高級コンデジ「LUMIX DMC-LF1」

ファイル・ウェブ編集部
2013年05月14日
パナソニック(株)は、光学7.1倍ズーム、F2.0 LEICA DC VARIO-SUMMICRONレンズやファインダーを搭載した、ハイエンドコンパクトデジタルカメラ「LUMIX DMC-LF1」を6月20日より発売する。価格はオープンだが5万円前後での実売が予想される。

LUMIX DMC-LF1

撮像素子には有効1,210万画素の1/1.7型高感度MOSセンサーを採用。レンズには、開放F値F2.0と、光学7.1倍ズーム(35mm判換算で28〜200mm)を実現した新開発のLEICA DC VARIO-SUMMICRON(バリオ・ズミクロン)レンズを搭載している。液晶モニターサイズは3.0型で記録媒体はSDXC/SDHC/SDカード。AVCHDフルHD動画撮影にも対応している。

新開発レンズでは、7面4枚の非球面レンズとEDレンズ1枚を使用し、大口径化・小型化を実現。従来の非球面レンズによる収差補正機能にくわえ、色収差を効果的に低減できる硝材を採用することで、隅々まで高い解像感を得られるという。

画像処理エンジンにはヴィーナスエンジンを採用。新2次元ノイズリダクション、新マルチプロセスノイズリダクションにより、ノイズの質感をコントロールすることで、ざらつきのないクリアな画質を実現したとしている。

カラー液晶ビューファインダーを搭載した点も特徴。操作系には、コントロールリングも備えており、ズーム、ISO感度、絞り、シャッタースピードなどの設定にコントロールリングを利用できる。

また、光学式手ブレ補正「POWER O.I.S.」、超解像技術を用いてズーム域を拡大させるiAズームなどの機能も搭載。Wi-Fi機能も内蔵しており、スマートフォン/タブレットに専用アプリ「Panasonic Image App」(iOS用/Android用)をインストールすることで、リモート撮影や再生、写真・動画転送などスマートフォン/タブレットとの連携が行える。

さらにNFCにも対応。FelicaやNFCに対応したAndroidスマートフォン/タブレット(OS バージョン2.3.3 以上)と、タッチで簡単にWi-Fiの初期設定や接続、写真転送ができる。
新着記事を見る
  • ジャンルデジタルスチルカメラ/静止画編集
  • ブランドPANASONIC
  • 型番LUMIX DMC-LF1
  • 発売日2013年6月20日
  • 価格¥OPEN(予想実売価格50,000円前後)
【SPEC】●カメラ有効画素数:1210万画素 ●撮像素子:1/1.7型 総画素数1280万画素 高感度MOSセンサー ●光学ズーム:7.1倍 ●液晶モニター:3.0型 約92万ドット TFT液晶 ●ファインダー:カラー液晶ビューファインダー 0.2型 約20万ドット相当 ●外形寸法:約102.5 Wx62.1Hx27.9Dmm(突起部を除く) ●質量:約192g(バッテリー、メモリーカード含む)

関連記事