オリンパス、スリムボディ&高倍率ズームのコンデジ「VH-510」

ファイル・ウェブ編集部
2012年04月05日
オリンパスイメージング(株)は、コンパクトデジタルカメラの新モデルとして、スリムボディながら高倍率ズームが可能な「VH-510」を4月下旬より発売する。価格はオープンだが、30,000円前後での販売が予想される。カラーはシルバー、ブラック、ピンク、ホワイトがラインナップされる。

VH-510

VH-510の背面部

1/2.3型裏面照射型CMOSを採用し、有効画素数は1,200万画素。画像処理エンジンには、OLYMPUS PENで築き上げられた「TruePicVI」を採用している。これらにより高感度・低ノイズ・高速AFを実現しているとのこと。

レンズは5群7枚構成で、焦点距離は4.4mm〜35.2mm(35mmフィルム換算:25mm〜200mm)、開放F値はF3.3(W)〜F5.9(T)。

光学ズームは8倍、超解像ズームは16倍、デジタルズームは4倍まで可能だ。CMOSシフト式の手ブレ補正機構と高感度撮影の「DUAL IS」により、望遠時などの手ブレも補正してくれるという。

撮影関連の機能として、シーンを自動で見分ける「iAUTO」や、パレット感覚で楽しめる「メイクアップ」機能、SNSアップロード予約機能(Facebook/Flickr)などを搭載。さらに、フルHDムービー撮影も行える。

モニターは3.0型・46万ドット表示対応のTFTカラー液晶。

記録媒体は内蔵メモリー(46.8MB)に加え、SD/SDHC/SDXC/Eye-Fiに対応する。

外形寸法は104.4W×59.9H×26.1Dmm、質量は154g。

【問い合わせ先】
オリンパスカスタマーサポートセンター
TEL/0120-084215

関連リンク

新着記事を見る
  • ジャンルデジタルスチルカメラ/静止画編集
  • ブランドOLYMPUS
  • 型番VH-510
  • 発売日2012年4月下旬
  • 価格¥OPEN(予想実売価格30,000円前後)
【SPEC】●有効画素数:1200万画素 ●記録メディア:内蔵メモリー(43MB)、SD/SDHC/SDXCメモリーカード、Eye-Fiカード ●ズーム:光学ズーム8倍、デジタルズーム4倍 ●焦点距離:4.4mm〜35.2mm(35mm換算約25mm〜200mm) ●F値:F3.3(W)〜F5.9(T) ●外形寸法:104.4W×59.9H×26.1Dmm ●質量:154g(電池・付属品含む)