ゲーム内の動作を明瞭に

ZOWIE、“DyAc”搭載のネイティブ240Hz対応24.5型ゲーミングディスプレイ「XL2546」

編集部:押野 由宇
2017年09月13日
ベンキュージャパン(株)は、同社が取り扱うZOWIEブランドより、ネイティブ240Hz対応にくわえ、DyAc(Dynamic Accuracy)技術を搭載した24.5型ゲーミングディスプレイ「XL2546」を、9月21日より発売する。価格はオープンだが、90,000円前後での実売が予想される。

「XL2546」

ZOWIEは、マウスやマウスパッドといったプロ向けゲーミングギアを扱うブランド。最大垂直リフレッシュレートでネイティブ240Hzを誇る「XL2540」を3月に発売していたが、XL2546では新たにDyAcを標準搭載した。

DyAcにより、ゲーム内の動作に“Clarity(明瞭さ)”を獲得したとしており、武器での集中的な攻撃や発砲など、スクリーン上で激しくアクションする動作をより明瞭に表現するという。

ゲーム中のアクションを明瞭にするDyAc技術

また、暗い場面の視認性を高める「Black eQualizer」カラーエンジン技術で可視化を向上。ゲーム中の見えにくい暗所や明るすぎる範囲の輪郭や明るさを明瞭にし、隠れている敵や障害物を素早く見極めることができるとしている。

Black eQualizerカラーエンジンで可視化を向上

ピクチャーモードには「FPSモード」や「RTSモード」を標準で用意。元プロゲーマーなどから開発協力を得ることで、明るさ、コントラスト、シャープネスや色合いなど、様々な観点からゲーム向けに調整が行われている。

スライド式ヘッドフォンフック、高さ調節・スウィーベルのスケール機能など、設置性に配慮したデザインを採用。高さ調整が可能なスタンドは指一本で操作できるようになっている。

側面よりディスプレイの高さを調節できる

応答速度はBenQ独自の高速応答技術であるAMA (Advanced Motion Accelerator) を搭載することで、中間階調域で1msを実現。画面解像度は1,980×1,080。外形寸法は569.94W×445.75 〜 515.43H×226.04Dmm、質量は約7.5kg。

関連リンク

関連記事