96kHz/24bit。全5曲で1,800円

福山雅治の楽曲がハイレゾに! 新作「聖域」が9月13日から配信

編集部:小野佳希
2017年09月13日
福山雅治の新曲「聖域」が、自身初のハイレゾ作品として9月13日よりmoraで配信開始される。96kHz/24bit FLACでの収録で、価格は1,800円(税込)。


「聖域」はテレビ朝日系木曜ドラマ『黒革の手帖』主題歌。福山雅治通算32枚目のシングルにして、初めてのハイレゾ配信楽曲となる。

「聖域」のほか、「jazzとHepburnと君と」(フジテレビ系『痛快 TV スカッとジャパン 胸キュンスカッと』テーマソング)、「Humbucker vs. Single-Coil」(アサヒスーパードライ CM ソング)、および「聖域」と「jazzとHepburnと君と」のインストゥルメンタルの合計5曲を収録している。

関連記事